« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017/03/31

白鷺は幾度ともなく繰り返す寒の戻りの川に降り立つ


170331w

今日はずっと雨降りだった。せっかく春爛漫に近付いていたのが、また少し冬に戻った。川に舞い降りた白鷺もやや寒そうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/30

週末で一気に春の粧ひをすべきか否か迷ふ街並み


170330w

今日も昨日に続いて、うらうらとした春の陽気だったが、明日はまた冷え込むなんてことを天気予報が言っている。筑波周辺の街並みは写真のような感じで、一気に春モードになるか、もう少し寒さを引きずるのか、迷っている風情だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/29

日溜まりの体をほぐす温かさ日没までは続かざりけり


170329w

びっくりするような寒さが、昨日あたりで少し遠のいて、今日は日溜まりでは温かさを感じることができた。それでも日没後は急に冷え込んでいる。

昼間の温かさは日射しによるもので、地面そのものはまだまだ暖まっていないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/28

日暮れまで眺めてゐたき青空の今日は長くは続かざりけり


170328w

朝から昨日までとはうってかわって上天気だったのに、夕方頃から急に雲が多くなった。なかなか天気が安定しない。

写真は取手駅近くの、線路脇の小路。久しぶりで通った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/27

桜咲き寒さの戻る約束の春に野菜の鍋を炊きたり


 

170327w

桜が咲いたと思ったら、突如としてやたら寒くなり、千葉では雪も降ったという。近年は珍しいことでもなんでもなく、桜開花後の雪がお約束みたいなことになった。

あまり寒いので、暖かい鍋料理である。今日は私が作った野菜のみの鍋。名前はまだ付いていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

彼岸過ぎ氷雨の止まぬ夕暮れに帰宅を急ぐ車の灯かり


170326w

彼岸が過ぎてもまだまだ冬の寒さである。近頃の春先は、とくに天気の変動が激しい気がする。

今頃の季節は、日が伸びたような印象が強くて、それでのんびりしていると、いつの間にか夕暮れ過ぎになっているので、油断がならない。雨の止まない夕闇の中を、帰宅の車がどんどん通り過ぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/25

彼岸過ぎ筑波の裾野照らす陽はメガソーラーの彼方に沈む


170325w

彼岸が過ぎたのだが、風はまだ冷たい。

筑波山麓に作られたメガソーラーの彼方に、日は沈んでいく。明日は氷雨模様になるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

島原の城下の武家の屋敷跡二百年経ち水仙は咲く


170324w

島原城下の武家屋敷の名残の残る通りを歩いていると、古い門の下に可憐なスイセンが咲いていた。侍とスイセンの対比がおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/23

地の底は燃えさかるものと雲仙の山肌を這ふ流れに知りたり


170323w

長崎県の南部にいる。地名で言えば島原市といわれる辺りだ。途中で雲仙普賢岳も見えた。二十六年前の火砕流を伴った噴火は、個人的にはまだ記憶に新しいところである。あの火砕流の跡は今でも生々しい景色だった。

写真は日が暮れかかった時の眉山、天狗山である。バスターミナルからの景色だが、ごつごつした異様な山容だ。明日は少し時間があるので、市内をいろいろ散策してみようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

長崎といへる異国に我はあり港の果てに沈む陽眺め


170322w_2

長崎に来ている。九州だから暖かいだろうと思うのは早計で、天気は悪くないが風は冷たい。長崎港のいつもの帆船の彼方に日は沈んでいく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/21

赤ら顔寒の戻りの雨に濡らしただ立ち尽くすバリケンてふ鳥


170321w

”Today's Crack" の方でも触れたが (参照)、つくば市内の公園でバリケンという鳥を初めて見た。それまでは、そんな鳥がいるということすら知らなかった。

まあ、変てこな感じの鳥である。ものすごく呑気で全然人を恐れない。家禽の野生化したものというだけのことはある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

初鳴きといひ得るものか鶯のほけきょほけきょと鳴く声ぞする


170320w

我が家の梅が満開だ。昨年はこの状態になる前に、大風が吹いて台無しになってしまったが、今年は良い感じだ。既に先に咲いた花は散りつつあるが。

梅が咲いたらウグイスは付きものだ。どこかでホケキョ、ホケキョと鳴く声が聞こえる。「ホーホケキョ」 の完成形には、まだ到達していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

下町の水を湛ふる公園の彼方にスカイツリーは霞む


170319w

三連休の中日。東京の下町にいた。スカイツリーがおぼろに見えるのは、春らしい光景である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

目に見えぬ天然酵母の働きで食パンを焼く無骨なまでに


170318w

我が家では三十年以上自家製パンを作っている。しかも三十年以上培養し続けている天然酵母を使っている。

こねるのは私の担当で、焼くのが妻の担当だ。自家製パンというと、菓子パンみたいなのが多いが、我が家のはストロングスタイルのみっちりした食パンである。今回もうまくできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/17

掃除機の宅配便で届きたり恐ろしきまでの梱包されて


170217w

今日はちょっと疲れ気味で、これ以上無理をすると来週の出張に響きかねないので、久しぶりでゆったりと休養を取った。

とことん休むつもりだったのだが、注文していたダイソンの掃除機が届いてしまったので、段ボールを開けて組み立てを行った。ダイソンの掃除機というのは梱包が厳重で、これが一仕事だった。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向かひ風受けペダル漕ぐ野の果てにゆつたりとして夕陽は沈む


170316w

今日は天気が良かったので、久しぶりに自転車で遠出し、いろいろな用足しができた。ただ、思いのほか風が強く、こんな日の常として、風向きが変わったせいで行きも帰りも向かい風となり、結構な運動になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/15

散るべきか咲くべきかとぞ白梅の迷へる寒き春の日は暮る


170315w

冷え冷えとした一日だった。三月というのは時々こんな日があるから、油断がならない。雪にならなかっただけマシだ。

写真は夕暮れの風景。風が冷たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

春先の冷たき雨の昼下がり雲も路面も黒く動かず


170314w

今日はずっと曇りがちで、午後には雨が降り出した。明日も天気がぐずついて、回復するのは明後日にあんるらしい。明日も気温は冬の寒さになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

遅咲きといへども春の陽を受けて散らず咲きゐる我が宿の梅


170313w

この春は、我が家の梅がとても順調に咲いた。まあ、順調とはいっても近所では有名な遅咲きの梅だから、最近になってようやく見られる姿になったのだが、最近では一番まともに咲いたと思う。

去年なんて、さあ、これから満開になると思った矢先に出張が続き、その間に春嵐に襲われて無残に散ってしまったのだから、目も当てられなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/12

木枯らしの言葉の響き忘るごと日射しの元に梅咲き進む


170312w

今日の日射しは、これまでよりもずいぶん暖かく感じた。まだまだ本格的な温かさは先になるらしいが、木枯らしという気はしなかった。梅もだいぶ咲き進んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/11

春空に似合わぬ風の吹く昼に白梅はただ震へ散らざり


170311w

天気はうららかだが、風がやや冷たいまま。そのおかげで、梅は長持ちするのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

光のみうららの春となりにけり冬思はする風は吹けども


170310w

今日は光だけはすっかり春でも、風は北風のままという一日だった。北西に向かって自転車を漕ぐとかなりな向かい風で、まるで急坂を登るような抵抗を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

空青く我が家の梅もやうやくに五分咲きとなり風暖かし


170309w

我が家の梅が、ようやく見ても淋しくないぐらいに咲いた。まだ五分咲き程度で蕾がたくさん残っているので、もう少し華やかになるだろう。

去年は満開になったと思ったら強風に煽られてかなり散ってしまい、残念な思いをしたが、今年は何となく大丈夫そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/08

土手腹にムラサキサギゴケてふ花の小さき花弁日毎に開く


170308w

風はまだまだ冷たくて、春爛漫という気はしないのだが、自然界を見ればあきらかに春は一日ごとに深まっている。

裏の土手に小さな花が咲き始めた。本当に小さな小さな花だが、日溜まりに群生する。ムラサキサギゴケという花らしい。この花を見ると、春が来た気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/07

夕刻に日射しの戻るショッピングセンターに残る風の冷たさ


170307

朝から降り続いていた弱い雨が、夕方になってようやく上がった。寒さだけが残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/06

光のみ春になりたる日の庭に三分咲きなる遅咲きの梅


170306w

我が家の庭の梅が、ようやく三分咲きだ。まだまだ満開にはほど遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

夜更けまで高速道路を駆け抜けて湯気立つシエラカップのコーヒー


170305w

今日は福島までクルマで日帰り出張し、途中は高速道路を突っ走っただけなので、せっかく昼過ぎまではいい天気で景色も良かったのに、まともな写真は何も撮れなかった。それで、夜になって帰宅してから淹れて飲んだコーヒーの写真だけである。

器は四十年前から愛用のシエラカップ。いろいろな山に一緒に登ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/04

春嵐をものともせずに遅咲きの我が家の梅は遂に咲きたり


170304w

我が家の庭の梅が、やっと咲いた。他の梅は既に満開を過ぎかけているというのに、まだ二分咲きにもなっていないが、とにかく咲いた。

昼頃からかなり風が強まったが、咲き始めだけにしっかりとしがみついて、散らずにいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/03

遅咲きの梅のつぼみの膨らめど四日目にして咲くに至らず


170303w

またしても、我が家の遅咲きの梅の話題である。先月二十七日 (といっても、わずか四日前だが) に、出張に出るから三日後に咲けなんて虫のいい歌を詠んでいた。しかしその間に冷え込んでしまったためか、四日後の今朝になってもまだ咲いたと言えるほどの状態に至っていない。

毎年のことながら、まことにもって遅咲き中の遅咲きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/02

九州の旅より戻り板東の雨降る空を見続けたりき


 

170302w

九州から帰ってくると、昨夜からずっと雨模様である。我が家の太陽光発電もごらんの通り、低調な働きだ。

庭の梅も確認しないうちに日が暮れてしまった。明日はきちんと確認しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

西国の白梅は今満開を過ぎて少しく散りゆけるなり


170301

九州の長崎は今、梅が満開を過ぎつつあるところなのだった。今日帰宅したのが夜遅かったので、我が家の梅の様子はまだ確認していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »