« 瀬戸内に風吹き渡り八重桜越しに小さく天守閣見ゆ | トップページ | 白波を立てて流るる宇治川の雲の切れたる空を映せり »

2017/04/20

夕暮れの京都の駅を歩きゐるいつもの蕎麦の香りもなしに


讃岐での仕事を終えて、夕方に京都に到着した。今日はここで泊まりである。写真は夕暮れの京都駅 (新幹線口) の様子。

ところで、京都駅でいつも蕎麦を食っていた店に久しぶりで寄ったら、蕎麦がずいぶん落ちていてがっかりしてしまった。前は 「高いけど旨い」 店だったのに、「高くてフツーの店」 になっていた。時代は変わる。

170420w

|

« 瀬戸内に風吹き渡り八重桜越しに小さく天守閣見ゆ | トップページ | 白波を立てて流るる宇治川の雲の切れたる空を映せり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/65177316

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れの京都の駅を歩きゐるいつもの蕎麦の香りもなしに:

« 瀬戸内に風吹き渡り八重桜越しに小さく天守閣見ゆ | トップページ | 白波を立てて流るる宇治川の雲の切れたる空を映せり »