« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/31

乗り慣れぬ JAL の便にて飛び来たる出雲の国に小糠雨降る


170531w

仕事で出雲に来ている。羽田、出雲空港間は日本航空 (JAL) しか就航していない。JAL の客室乗務員はものすごく慇懃無礼な婦警さんみたいな感じで、いつも戸惑ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/30

夕暮れの雲居の色の紫にその隙間さえ赤紫に


170530w_3

日暮れが遅くなった。午後七時を過ぎてもまだ明るい。西空が微妙な色に彩られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/29

土手伝ひ利根を辿れば青空の彼方に山の姿も見えず


170529w

取手駅近くまで所要があって、ちょっと時間が余ったので、利根川の土手を散歩してみた。取手駅より上流は、土手の内側の河川敷にゴルフ場があって、川までは結構な距離がある。土手の向こうには山の姿さえ見えず、さすが坂東太郎というだけあって、スケールが大きい。

ゴルフ場にはプレーする人影も見えず、「こんなに暇なら、自然の状態に戻せばいいのに」 と思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/28

夕暮れの西の空には黒雲の思ひの外に厚く漂ふ


170528w

天気予報では 「晴れ」 と言っていたし、確かに日射しもかなりあったのだが、空を見上げると結構な雲量という一日だった。明日はすっきり晴れるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/27

夏の日の午後の空気を真ん丸にマフィンは分けて供されたりき


170527w

夏の午後のおやつである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/26

南より吹き来る夜の風のうちに夏の気配の忍び入るなり


170526w

朝起きた時は肌寒いほどで、日中は何とかしのぎやすくなり、日が暮れた頃には蒸し暑くなるという、妙な一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/25

高原の空一面を覆ひたる雲高くして雨を落とさず


170525w

那須高原に日帰り出張した。時間がなくて温泉に入れなかったのが残念だ。

ずっと雨模様という天気予報だったが、辛うじて 「曇り」 で済んだ。我ながらしぶとい晴れ男ぶりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

夜も更けてフロントガラスを濡らすとも言はれぬほどに濡らす糠雨


170524w

仕事が思いのほかに長引いて、日がとっぷりと暮れてから戻ってきた。時折ちょっとした小雨が、クルマのフロントガラスを濡らす。

明日は朝から栃木県に出張である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

幾重にも咲く車輪梅の蜜求め蜂は幾度も飛び来たるなり


170523w

今年もシャリンバイの花がきれいに咲いた。そのオフホワイトの花に、蜂が飛んできて蜜を吸う。その蜜はよほど美味しいものと見えて、蜂はひっきりなしに訪れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/22

今少し涼しき風の吹き残る仙台平野の初夏の早朝


170522w

Today's Crack の方に書いたが、iPhone のガラスが割れてしまったので、修理のために朝早く宮城県のホテルを立って、地元に戻ってきた。

仙台平野の早朝の光景は、まだ少し涼しげである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

みちのくの空の青さを映し込み瀬は流れ行く白波立てて


170521w

東北宮城県に来ている。写真は白石川という川の流れ。やはり東北はいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/20

暑き日の電線走る街並みの彼方に赤き日は沈み行く


170520w

暑い一日だった。電線が縦横に走る街並みの彼方に、初夏の日が沈んでいく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/19

夏空の奥にさらなる灼熱の暑き日射しは控へゐるなり


170519w

今日は夏の暑さだった。これからますます暑くなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

辛うじて空の晴れたる昼下がり田んぼの青み増したるを知る


170518w

このところ天気が曇りと雨の繰り返しだったが、今日の午後からは辛うじて青空も広がった。田んぼは日毎に緑の色味を増している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

川土手にかはづの声の響き初め日毎に大きくなるを楽しむ


170517w

夕暮れになると蛙の声が聞こえるようになったが、まだ 「大合唱」 というほどの規模ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/16

萌え出づる若葉の影を浮き立たせ五月も半ば遅き夕暮れ


170516w_2

今月初めはずっと晴天が続いて、我が家の太陽光発電が大活躍してくれていたが、先週末から周期変化の様相を呈している。

今日は薄曇りベースで、時折日が射すという天気だった。このくらいの方がしのぎやすいが、ソーラーパネルは力をもてあまし気味だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

街行けば人汗ばみて動かざる人は肌寒しと嘆く午後


170515w

蒸し暑いんだか涼しいんだかわからない一日が暮れた。ちょっと動けば汗ばむが、じっとしていると肌寒いぐらいである。これからはこんなような天気が周期的に訪れるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/14

土手腹に薄紅葵咲き始む白詰草の背の高さで


170514w

春から夏にかけては、いろいろな花がいつもの年のように順番に咲き始めるので、それが季節変化の指標になる。近頃は薄紅葵が咲き始めた。カタカナでは 「マロウ」 と書いて、ハーブの一種である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

一日を降り通したる雨止まず遠くのヘッドライトの滲む


170513w

今日は一日中雨。日暮れてもまだ降り止まず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/12

蒲公英の白き綿毛はその中に命宿せる恐竜の卵


170512w

タンポポの綿毛を見ると、中に命を宿した卵のように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/11

見上ぐれば入道雲になりかけの分厚き雲の立ち上がりゐる


170511w

今日はかなり気温が上がった。空を見上げれば、夏雲である。入道雲になりかけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

田の面にそよとも波の立たぬ日の世のものすべて映し込み暮る


170510w

今日は珍しく風の静かな一日だったので、田植えの済んだばかりの田に世の中がきれいに映り込んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

夜中より乾きたる世を和らぐる雨の降るらしああおぼろ月


170509w

今日は雨は降らなかったが、ずっと曇りがちの一日だった。日が暮れて、薄い雲を通して月は望まれるが、夜中は雨が降るらしい。

ずっと雨が降らずに、世の中は乾ききっていたから、ちょうどいいお湿りになるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

人々の心も山も枯れ草も乾き乾きて炎消えざり


170508w

山火事が頻発というのはニュースでも聞いていたが、また拡大しているようだ。強風と乾燥で火事が起こりやすくなっているという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

空よりも岸の若葉の色を映し流るる川は我が心なり


170507w

この時期の若葉の色は独特なものがあって、心にしみてくる美しさがある。そして川の流れまで新緑色の影響を受けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

緑濃き葉陰に蕾膨らみて車輪梅咲く季節近付く


170506w

今年もシャリンバイの花の咲く季節が近付いた。蕾が膨らんでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/05

自転車の往きも帰りも向かひ風ただその風と我は友なり


170505w

本当に久しぶりで、自転車で出かけた。途中は小貝川沿いのサイクリングロード。なぜか往きも帰りも向かい風だったが、その向かい風も苦にはならなかった。風と自分とは別のものではないという気がしたので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/04

土手草の勢ひは今一年で一番なりとため息をつく


170504w

一週間ほど前に、エンジン式の草刈り機で土手の草を思い切り刈ったのだが、ふと気付けばもうこんなに生えている。

今は草の勢いの一番すごい時期なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/03

新聞をゆつくりと読む隙もなきこの半月を越えて息つく


170503w

新聞を広げて読むこともままならない怒濤の半月をやっと乗り越えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/02

筑波嶺を見渡す田にはさやさやと小さき苗の風に揺れゐる


170502w

近所の田んぼで田植えが始まった。今はすべて機械だから、あっという間にどんどん進んでいく。

彼方の山は筑波山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

板東の夕陽の沈む西空を見渡す限り山影のなし


170501w

関西に日帰り出張しているうちに、五月になった。関西は暑いほどの陽気だったが、東京駅に降り立ってみると、昼過ぎの嵐と驟雨の後に空気が入れ替わったようで、肌寒いほどだった。

つくばエクスプレスに乗ってつくばの地に戻ると、夕陽の沈む西空に山影が見えない。どちらを見ても山の見える京都とは、大違いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »