« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017/06/30

一夏を咲き通すため梅雨空にまず一輪と木槿咲きたり


170630w

今年もムクゲの花が咲き始めた。夏から秋までずっと咲き通す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/29

葉の蔭に隠れて僅か一つのみ成りたる梅の実をもぎ採りき


170629w

我が家の梅は、今年は実が極端に少ない。今日、たった一つだけ収穫した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨空の下で静かに揺れもせず真白き色で山法師咲く


170628w

近所の庭にヤマボウシ (だと思う) の花が見事に咲いている。実際の花は真ん中の球状に固まっている部分らしいのだが、どうみても白い部分が花と思ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/27

栗の花目立たぬ色で咲きたれど咲き並びてぞ目立ち始むる


170627w

茨城県というところは栗の生産が多いらしく、クルマで郊外を走ると栗の木に花がたくさん咲き始めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/26

忘れゐたる遠き時代の古傷の痛みを思い出す梅雨の空


170626w

梅雨空だ。遠い昔の古傷の痛みを思い出したりしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/25

真ん丸のボールの如く咲きそろふ一歩手前のアガパンサスよ


170625w

何という名前の花だろうと図鑑で調べてみたら、「アガパンサス」 という花のようだ。別名 「ムラサキクンシラン」。小さな花が咲きそろうと全体がボール状に丸くなるようだが、今はまだ途中というわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/24

その羽の影絵の如き模様して小さき花の蜜を吸ふ蝶


170624w

天気がいいので、近くの小高い山を散策したら、平地ではあまり見かけない蝶を見つけた。なんでもマダラチョウの種類だと思うが、詳しくはわからない。とにかく、羽の模様が美しい。

小さな花の蜜を吸うのに余念がなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/23

紫の小さき花のかたまりの徐々に大きく盛れる紫陽花


170623w

裏の空き地のアジサイが、だんだんと大きなかたまりになってきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/22

紫陽花の葉の間より雨を弾きホタルブクロの生え来たるなり


170622w

裏の空き地で、アジサイの間からホタルブクロ (だと思う) が伸びて花を咲かせている。この辺りではホタルは見たことがないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/21

半月の空梅雨の後雨風の強まる里の青田波打つ


170621w

大雨を降らす梅雨前線が近付いているとやらで、つくばの地も朝から雨が降ったり止んだりしている。昼頃はその雨よりも風の方がすごくて、閉め忘れた窓から小粒ながら勢いの強い雨が吹き込んでいた。

写真は、強風に波打つ田んぼである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/20

対岸に十年かけて育ちきて土手の高さを超えたる木々よ


170620w

空梅雨だが、裏の川の水量はそれなりに確保されている。多分上流の堰で調整しているのだろう。

この川は、十年前に拡幅工事をして、元の対岸は今は、中州のようになって残っている。工事の前は、大雨の直後でも川幅の狭い小川でしかなかった。その頃の川の写真を十二年前の和歌ログから右に転載しておこう。

つまり、今の対岸は十年前に新しく作った土手で、そこに生えている木も十年かかってここまで育っているというわけだ。新しい土手だけに、雑草で邪魔されずに育ったのだろう。あと十年したら、対岸の景色を隠すぐらいに成長してしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/19

空梅雨といふ言葉さへ他人事と思へるほどの空の青さよ


170619w

昨夜は雨が降っていたが、今日はまた晴れた。「から梅雨」 という言葉があるが、実際にはまだ 「から梅雨」 にもなっていないのだろう。気象庁の発表した 「梅雨入り」 は、後から確実に修正される。

いくら何でも、少しは雨が欲しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/18

九州より戻れば夜の駅前は雨降り注ぐ梅雨でありたり


170618w

博多から新幹線で戻った。夜の関東は雨が降り始めていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/17

九州の遅き夜明けの朝焼けの東の空を赤く染めたり


170617w

茨城県から九州まで行くと、夜が明けるのがずいぶん遅く感じる。午前五時になっても日はまだ昇らず、朝焼けだけが鮮やかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/16

雨降らぬ梅雨にはあれど水辺には菖蒲の花の咲き乱れゐる


170616w

北九州は菖蒲が満開だ。梅雨に入っても雨が全然降らない天気が続いているというが、花はちゃんと咲いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/15

山笠の幻影見ゆる境内に博多の夏は進みゐるなり


170615w

博多について櫛田神社を参拝すると、山笠の準備が進んでいた。博多の夏本番はすぐだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/14

自転車でほどよき風を巻き起こし駅前の道過ぎる人たち


170614w

岡山の駅前の通りを歩くと、自転車に乗っている人がずいぶん多いことに気付く。自転車レーンも整備されていて、うらやましいほどだ。

平らな地形で、ほどよいコンパクさなので、自転車が便利なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/13

流店の中を流るる水音と風吹く音と鳥の鳴く音


170613w

岡山に来ている。仕事の本番は明日なので、日の暮れないうちに日本三名園の後楽園を再訪した。目当ては 「流店」 である。

ご覧のような寄せ棟造りの建物だが、一階部分は壁のない素通しで、真ん中を水路が貫いている。両側の板の間でまったりしながら、涼しい風に身を任せ、水の流れを眺めていられる。

ああ、こんなのがうちにも欲しい。ところで、二階部分はどうなっているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/12

川端にやや小さくも咲き残る薄紅葵風を光らす


170612w

川端の薄紅葵 (マロウ) は、花のサイズがだんだん小さくなってきた。そろそろ季節が終わりに近付いているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/11

川土手の茂みの雉は悠々と歩きて人に怯えざるなり


170611w

川土手でキジを目撃した。ある程度人慣れもしているようで、かなり近寄っても悠々と歩いている。最近はキジの放鳥もしていると聞いたが、この辺りまで出没するということは、本当なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/10

川土手に幾匹棲むか牛蛙声を競わせ鳴き通す夜


170610w

ウシガエルが盛大に鳴いている。あちこちで鳴いている。日のあるうちから鳴いてはいるが、日が暮れるとその鳴き声はますます大きくなる。

あまり盛大に鳴くので、動画にして YouTube にアップしてみた。視覚的には真っ暗なものに過ぎないが、音は大したものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/09

心地良き湿り気の風吹き渡る梅雨の晴れ間の筋雲白し


170609w

毎年のように思うのだが、梅雨といっても案外晴れる日が多いものである。ただし、いくらすっきり晴れているようでも、空気はそれほど乾いてはおらず、むしろこの程度が心地良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/08

梅雨に入り梅雨らしき雨降らぬ日は川土手の木の育ちゐるなり


170608w

毎年のことながら、梅雨入り宣言すると雨が降らなくなる。昨日の予報では、八日から本格的な雨模様になるので梅雨入り宣言したということだったが、今日は降ったことは降ったが、ほんのチョボチョボだった。

裏の川の土手に生えた木が、いつの間にかちょっと大きく育っている。これからどんな様相の土手になるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/07

それらしき雨降ることもなきうちに紫陽花の色で梅雨に入りたり


170607w

関東甲信越が梅雨入りしたらしい。つくば周辺はまだそれらしい雨は降っていないが、明日は降ることが確実とのことで、前もって梅雨入りということにしたのだろう。

アジサイの色が少し濃くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/06

水満つる田に緑なす苗の育ち鏡は今は絨毯となり


170606w

田植えの終わったばかりの先月は、苗の間隔がスカスカなので、田んぼの水面に空や廻りの景色が映っていたが、今月になると隙間がなくなってきて、緑の絨毯のようになってきた。

すっかり夏の景色で、梅雨はもうすぐだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/05

夏の日の暮れゆく先の西空に湧きたる雲の静まり行けり


170605w

天気のいいのは明日までらしい。西空に、一度湧いた夏雲が収まっていくのが見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/04

紫陽花は葉の緑色取り戻し今朝は小さき花咲かせたり


170604w

我が家の塀越しの空き地に埋めてあるアジサイが咲き始めた。梅雨が近い。

アジサイというのは、晩秋から早春にかけてはまるで枯れてしまったような色になるのだが、春を過ぎると急に瑞々しさを取り戻して、六月の声を聞けばちゃんと咲き始める。自然というのは当たり前というか、不思議というか、たいしたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/03

青空の戻り来たれば土手沿ひの薄紅葵風に光れり


170603w

先週は天気が崩れたが、今週はまた持ち直した。マロウ (薄紅葵) が風に揺れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/02

生きてあるその一日の暮るる時明くる日のあることぞ嬉しき


170602w

長い一日が暮れようとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/01

房総のをちこちの水光る見ゆ東京湾と同じき色で


170601w

出雲から飛行機で帰ってきたのだが、羽田空港が混雑しているというので、時間稼ぎのために房総半島の先まで出て、ぐるりとまわって着陸してくれた。

写真は、房総半島の上空から東京湾の方向を望んだところだ。夕陽が海に映って赤く反射している。その同じ反射の色が、房総半島の陸地にも見える。田植えを終えたばかりの田んぼなのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »