« 野分去り野山を揺らす吹き戻し木枯らし一号と名付けられたり | トップページ | 飛行機で一時ほどの北の地は凍ゆるほどの寒さにあらず »

2017/10/31

日の暮れし蒲田の駅に降り立てば過ぎし昭和の蘇りたり


1710321w

明日から北海道に出張するのだが、速い便で飛ぶので、羽田空港に近い蒲田のホテルに前泊している。

蒲田駅からホテルに続く小路は、何やら怪しい雰囲気の昭和な光景だ。

|

« 野分去り野山を揺らす吹き戻し木枯らし一号と名付けられたり | トップページ | 飛行機で一時ほどの北の地は凍ゆるほどの寒さにあらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の暮れし蒲田の駅に降り立てば過ぎし昭和の蘇りたり:

« 野分去り野山を揺らす吹き戻し木枯らし一号と名付けられたり | トップページ | 飛行機で一時ほどの北の地は凍ゆるほどの寒さにあらず »