« 秋晴れの真青なる空目指しつつ若葉の色を残す木は伸ぶ | トップページ | 対岸の土手より空に響きゐる雑草を刈るエンジンの音 »

2017/10/02

秋の日の落ちて茜の色の消え無彩色なる世界となりぬ


171002w

関東は今日までいい天気なんだそうで、明日からは下り坂だという。いい天気の夕暮れから、日が落ちてしばらくしてからの光景である。世界は無彩色になっている。

|

« 秋晴れの真青なる空目指しつつ若葉の色を残す木は伸ぶ | トップページ | 対岸の土手より空に響きゐる雑草を刈るエンジンの音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の日の落ちて茜の色の消え無彩色なる世界となりぬ:

« 秋晴れの真青なる空目指しつつ若葉の色を残す木は伸ぶ | トップページ | 対岸の土手より空に響きゐる雑草を刈るエンジンの音 »