« 北陸の旅より戻る特急で笹寿司の笹開き頬張る | トップページ | をちこちで鯉の水面に跳び上がり再び落つる音する夕べ »

2018/04/17

日の射さぬ土手に寄り添ふ蒲公英の白き綿毛の飛ぶこともなし


180417_w

近頃は、初夏に暑さになったかと思うとすぐに寒の戻りがあって、油断ができない。

一昨日の北陸出張は震えるほどの寒さで、慌ててバッグからダウンベストを取り出して重ねるほどだったが、一泊して夜が明けるとは天気が回復して暖かくなり、関東に帰ると夏日に近くて、夕方は短パンに半袖で過ごした。

ところが今朝はかなり肌寒く、またしても洋服を三枚重ねている。土手のタンポポの白い綿毛も、飛ぶ様子がない。

|

« 北陸の旅より戻る特急で笹寿司の笹開き頬張る | トップページ | をちこちで鯉の水面に跳び上がり再び落つる音する夕べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66620984

この記事へのトラックバック一覧です: 日の射さぬ土手に寄り添ふ蒲公英の白き綿毛の飛ぶこともなし:

« 北陸の旅より戻る特急で笹寿司の笹開き頬張る | トップページ | をちこちで鯉の水面に跳び上がり再び落つる音する夕べ »