« 静かなる西の地平にいつまでも照り残りゐる卯月の夕陽 | トップページ | 道端のさほど日当たりせぬ場所に目立たず咲けるの著莪の妖艶 »

2018/04/21

仕事場の窓開け放ち風に乗せおがたまの香一本を焚く


180421w

見かけによらず、仕事部屋で時々香を焚いたりする。安物だが、ちゃんとした香炉もある。今日の香は 「おがたま」 の香りである。

|

« 静かなる西の地平にいつまでも照り残りゐる卯月の夕陽 | トップページ | 道端のさほど日当たりせぬ場所に目立たず咲けるの著莪の妖艶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/66636192

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事場の窓開け放ち風に乗せおがたまの香一本を焚く:

« 静かなる西の地平にいつまでも照り残りゐる卯月の夕陽 | トップページ | 道端のさほど日当たりせぬ場所に目立たず咲けるの著莪の妖艶 »