« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018/12/31

正月を迎ふる供え窓枠の餅の隣に金盞花の花


181231w

廊下の窓辺、ふと気付くと、お供え餅の隣にキンセンカが飾られていた。

これで、平成三十年も毎日和歌を詠むことができた。来年もよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/30

年の瀬の風吹き付けて乾きたる夜の彼方の鮮やかに見ゆ


181230w

冬の日は短いし、それ以上に短く感じるのが一年だ。十二月三十日の日が暮れて、残すはあと一日。

空気が乾燥して風が強いので、夜の彼方が妙に鮮やかだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/29

プラスチック入りで小さき二段なるお供餅の飾られてあり


181229w

玄関の棚の上に、プラスチック入りの小さなお供え餅が飾られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/28

澄み渡る夜空の奥に年の瀬を刻むが如くオリオン座あり


181228w

いよいよ今年も押し詰まってきた。今日はずっと強い季節風が吹いていたので、空の塵が飛ばされてしまったようで、オリオン座が綺麗に望まれる。写真にしてしまうとなんだかよくわからないが、実際の視覚では、感動的なほどだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/27

年賀状印刷ソフトの住所録この世去りたる人の多さよ


181227w

やっと年賀状の印刷を終えた。前は二百枚近くになる時もあったが、今年は八十六枚。何しろ死んでしまった人も多いので。

住所録からはまだ消去していない。消去してしまうと、死んだことをダメ押しで確認してしまうような気がするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/26

クリスマス過ぎて一輪の薔薇咲きにけり地面に白き霜降りゐるに


181226w

クリスマスが過ぎてすっかり季節が終わったと思っていたのだが、今朝見ると、紅い薔薇の花が咲いていた。寒くなったような気はするが、やはり温暖化しているのだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/25

十五年ブログ更新続け来て五千五百と三首目の歌


181225w

もう一つの方のブログ "Today's Crack" が、本日で連続十五年の毎日更新を達成した。記事の数にして五千四百七十九本になる。

そして毎日更新ということで言えば、こちらの和歌ログはさらに上を行っいて、本日で五千五百三首目の歌となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/24

九十キロ自転車こげる帰り道西の地平の赤く染まれり


181224w

"Today's Crack" の方にも書いたが、強風をついて約 90km のサイクリングをした。道のりの 六割以上が強烈な向かい風だったので、結構な休憩時間を取ってしまい、家に着く頃には日が暮れてしまっていた。

日が沈んでからしばらくの夜空は、強風で澄み切っていたので、かなり美しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/23

明けてより日がな一日霧雨の細かく注ぐ天皇誕生日


181223w

今日は細かい霧雨がほぼ一日中降っていた。明日はクリスマスイブで、晴れるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/22

限りなく満月に近き十六夜の月に照らされ光る雲間よ


181222w

今夜の月は、暦的には 「十六夜月」 ということのようだが、月齢は十五・三二というのだから、実際には限りなく満月に近い。

空は曇りがちなのだが、雲の切れ間は月明かりでかなり明るく見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/21

冬の日の茜の地平奥深く飽かず眺むるシルエットの富士


1812212w

今日は久しぶりに穏やかな冬の日だった。茜に染まる空の彼方に、富士山のシルエットが見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/20

角のなき奈良公園の鹿たちを見て五時間後つくばに戻れり


181229w

奈良から帰ってきた。写真は午後になって小雨が降り始めた奈良駅。

東京に着いたら常磐線が人身事故で大幅に遅れていて、帰宅がずいぶん遅くなってしまった。近頃常磐線は人身事故が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/19

年の瀬の日暮れ間際に敷島の大和の里に滑り込みたり


181219w

仕事で奈良に来ている。着いたのは夕方で、あちこち巡るには遅すぎる。というわけで早々にホテルに入って、温泉に入った。明日は昼から雨になるという予報なので、早々に仕事を済ませようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/18

天井に届かんとしてクリスマスツリー聳ゆる上野の駅よ


181219w

上野駅広小路口に大きなクリスマスツリーが飾られている。そしてその向こうに中央競馬の有馬記念のポスターが負けないほどの華やかさで掲示されているのがおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/17

一年で一番早く日の沈む師走半ばのヘッドライトよ


181217w

今は日の暮れるのが一年で一番早い時期である。ふと気付いた時には夜空になっている。家路を急ぐクルマのライトが、対岸の県道をすべっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/16

寒風の吹き下ろす駅東口につましく光るイルミネーション


181216w

今日も一日寒かった。夜が更けて降り立ったつくばエクスプレスの守谷駅にクリスマス・イルミネーションが控えめに光っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/15

短髪の頭にしみる木枯らしを忘れむとしてうどんをすする


181215w

髪が伸びすぎてしまったので、床屋に行って短くしてもらった。私は椅子に座ってじっとしているのが苦手なので、短時間で終わる 1000円床屋専門である。

思い切ってかなり短くしたら、吹き付ける木枯らしで頭が寒い。帰宅して暖かいうどんを食べて生き返った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/14

冴え渡る冬空に雲流れてもふたご座流星群は望めず


181214w

朝からずっと、すっきりとした青空で、日が暮れても空は晴れている。ただし、小さな雲は流れてもふたご座流星群らしきものは見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/13

忘れ物したる心地を別府湾の輝く波に残してぞ去る


181213w

一泊二日の大分出張を終えて帰路についた。もう少し滞在したくなる土地である。別府湾は昨日にも増して美しく輝いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/12

お馴染みとなりたるもまた有り難し旅先で見る雨後の青空


181212w

大分市に着くと、青空が見えていた。自分の晴れ男振りを確認。写真は大分城址。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/11

上野駅山手線のホームより眺むる街に夕闇迫る


181211w

明日から九州に出張だが、朝の飛行機便が早いので、都内に前泊である。上野駅に夕闇が迫っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/10

誰しもが冬来たりしと認めたる空に三日月冴え冴えと照る


181210w

今日はなかなか寒い一日だった。日が暮れかかっての帰り道、小貝川の土手から冴え冴えとした三日月が臨まれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/09

冬枯れの川の水門何事も用なき彼方筑波嶺が立つ


181209w

今日は昼前から晴れるとの予報だったのだが、本当に晴れたのは夕方間近の頃で、一日中寒かった。裏の川は冬枯れ状態で、川底が一部除いている。

用事のなくなった水門の彼方に筑波山が見える。空気が乾いているので、ずいぶんすっきりとした稜線だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

いつの間に季節ここまで巡りしか頬に覚ゆる冬の冷たさ


181208w

天気予報で晴れると言っていた割には、なかなか雲が取れないうちに日が暮れた。結構寒い一日となった。いつの間にか冬である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/07

しつかりと檜の幹にへばりつき養分を吸ひ育ちゐる蔦


181207w

いやはや、ツタの繁殖力というのはすごいものだ。ヒノキの幹にしっかりとへばりついて養分を吸っている。ツタの根を切ってしまわなければ、ヒノキが枯れてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/06

街灯の明かりの奥の彼方より露の落ち来る気配する夜


181206w

今シーズン最強の寒波襲来とやらで、日中はこの冬初めて 「肌寒さ」 にとどまらない 「ちゃんとした寒さ」 を感じた。昼過ぎに冷たい雨は止んだが、日が暮れると街灯の明かりから夜露がぼたりと音を立てて落ちてきそうな感覚がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/05

青空の広がりそして狭まりて暖かきまま暮るる冬の日


181205w

今日もまた変な天気で推移した。

朝方は今にも降りそうな曇り空。それからだんだん青空の部分が広がったかと思うと、昼頃にかなり本格的な通り雨。それが行きすぎると、青空の部分が広がったり小さくなったりを繰り返す曇りベースの空。

そして、ずっと暖かかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/04

日を浴びる湖面の橋を二十五キロのスピードで行く我と自転車


181205w

今日は昨日のコースを昼間に自転車で走った。結構アップダウンの続くコースで、十二月だというのに汗をかいた。写真は牛久沼の湖面。まるで夏みたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/03

日の暮れて冷たき風に変われどもペダル漕ぐ身は冷えもせぬなり


181203w

近頃は本当に日の暮れるのが早いので、自転車で出かけると、帰りには暗くなって気温がぐっと下がっていることが多い。それでも、ペダルを漕いでいるうちに体は暖まるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/02

木枯らしの吹かぬ師走に椿咲き師走二日は和歌ログ記念日


181202w

いくら暖冬でも、確実に季節はめぐっているようで、ツバキの花がどんどん咲き始めている。

ちなみに十二月二日は和歌記念日と勝手に決めている。平成十五年十二月二日に、和歌ログを始めたからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/01

風もなき小春日和の青空を飛行機雲が成田に向かふ


181201w

今日も暖かい小春日和。青空を成田に向かい、飛行機雲が横切っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »