« 西日本の雨を少しは引き受けて夜に入りては八戸に着く | トップページ | 青空を一直線に伸びて行く飛行機雲は山の彼方に »

2019/06/08

隙間なき深き緑の塊の東北の背骨横切りにけり


190609w

八戸から仙台まで南下し、さらに西にターンして山形県に入った。途中の奥羽山脈は、さすがに「東北の背骨」の様相である。

 

|

« 西日本の雨を少しは引き受けて夜に入りては八戸に着く | トップページ | 青空を一直線に伸びて行く飛行機雲は山の彼方に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西日本の雨を少しは引き受けて夜に入りては八戸に着く | トップページ | 青空を一直線に伸びて行く飛行機雲は山の彼方に »