« 夕焼けの上に広がる青空のなぜか懐かし乾きたる色 | トップページ | 夕暮れの高き筋雲僅かにも茜の色を帯びて広がる »

2019/08/05

日の落ちて空の青さの消えかかる世界の三十四度の気温


190805w

仕事で埼玉県の大宮の先まで出かけ、日が暮れてから戻ってきた。夕暮れとはいえ、33度の暑さである。

 

|

« 夕焼けの上に広がる青空のなぜか懐かし乾きたる色 | トップページ | 夕暮れの高き筋雲僅かにも茜の色を帯びて広がる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕焼けの上に広がる青空のなぜか懐かし乾きたる色 | トップページ | 夕暮れの高き筋雲僅かにも茜の色を帯びて広がる »