« 水たまりに落つる一滴一滴が涼しさを地にもたらしてゐる | トップページ | 道端で枝を広げる木の下で涼みたきなり晩夏の日射し »

2019/08/24

暑き日にぽとり落ち来て気持ちよく死ぬるものなり蝉てふ虫は


190824w

平成17年の 8月 18日に「鬱蒼とした木の中で鳴き尽くしぽとり落ち来て死ぬる蝉かな」という歌を詠んだ。まさに蝉というのは「ぽとり落ち来て」気持ちよく死ぬもののようである。

|

« 水たまりに落つる一滴一滴が涼しさを地にもたらしてゐる | トップページ | 道端で枝を広げる木の下で涼みたきなり晩夏の日射し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水たまりに落つる一滴一滴が涼しさを地にもたらしてゐる | トップページ | 道端で枝を広げる木の下で涼みたきなり晩夏の日射し »