« 大雨の直後の里は蒸し暑き空気の中に蝉の声満つ | トップページ | 先の週の台風十号消え去りて波一つなき小貝の流れ »

2019/08/21

六日ぶり帰り来たれば稲の穂の頭垂れゐるつくばの里よ


 

190821w

六日ぶりにつくばの里に帰ると、稲がかなり実っていて、頭を垂れ始めている。季節は確実に進行している。夜明け前には涼しくなるし、季節は秋に変わってきている。

 

|

« 大雨の直後の里は蒸し暑き空気の中に蝉の声満つ | トップページ | 先の週の台風十号消え去りて波一つなき小貝の流れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雨の直後の里は蒸し暑き空気の中に蝉の声満つ | トップページ | 先の週の台風十号消え去りて波一つなき小貝の流れ »