« 暑き日にぽとり落ち来て気持ちよく死ぬるものなり蝉てふ虫は | トップページ | 暑き日々やや遠ざかり板東は稲穂の垂るる頃となりたり »

2019/08/25

道端で枝を広げる木の下で涼みたきなり晩夏の日射し


 

190825w

緑の葉の茂る枝を広げて佇む木を見ると、「あの下で涼みたい」と思ってしまう暑い一日だった。

 

|

« 暑き日にぽとり落ち来て気持ちよく死ぬるものなり蝉てふ虫は | トップページ | 暑き日々やや遠ざかり板東は稲穂の垂るる頃となりたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑き日にぽとり落ち来て気持ちよく死ぬるものなり蝉てふ虫は | トップページ | 暑き日々やや遠ざかり板東は稲穂の垂るる頃となりたり »