2018/04/29

電線と小さく黒きちぎれ雲に囲まれ光る十五夜の月


180429w

今夜は満月である。日が暮れてから黒いちぎれ雲が風に吹かれて行き交う中で、縦横に張り巡らされた電線にも邪魔されながら、時々完全に姿を現す満月である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/28

連休の初日の空は高々と青きに染まり地を照らしゐる


180428w

ゴールデンウィークがスタートした。今年の連休の天気は前半がいい天気で、後半がぐずつくという、解りやすい予報である。今日はまさに快晴だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/27

去年の春一輪とても咲かざりし薔薇の大なる花をつけたり


180427w

我が家の隣の空き地に植えてあるほったらかしのバラが、いつの間にか花をつけていた。去年はほとんど咲かなかったので、もうだめなのかもしれないと思っていたが、見事に復活した。蕾もいくつかあるので、もっと咲いてくれるだろう。

「去年の春」 の読みは 「こぞのはる」。念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/26

緑濃く水嵩上がる川筋に鯉跳ぬる音かはづ鳴く声


180426w

大型連休も近付いて、世の中は一気に緑が濃くなった。裏の川の水嵩も増している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/25

土手草の破片で色の変はりたる運動靴を洗ひ干したり


180425w

昨日の草刈り作業でスニーカーが草の破片まみれになったので、今日の晴れ間を利用して洗い、乾かしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/24

草刈りの作業終はるを待つ如く雨降り出して夜更けとなりぬ


180424w

今日は夕方前まで裏の土手の草刈りをした。いまのうちに一度刈っておかないと、連休過ぎには手が付けられなくなってしまうのである。

作業の間も時々ぽつりぽつりと雨粒を感じたが、終わってから本格的に降り出して、日が暮れる頃には道がすっかり濡れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/22

道端のさほど日当たりせぬ場所に目立たず咲けるの著莪の妖艶


180422w

シャガの花の咲く季節になった。小さいが、よく見ると妖艶なまでの花である。さすが蘭科の植物だけある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/21

仕事場の窓開け放ち風に乗せおがたまの香一本を焚く


180421w

見かけによらず、仕事部屋で時々香を焚いたりする。安物だが、ちゃんとした香炉もある。今日の香は 「おがたま」 の香りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/20

静かなる西の地平にいつまでも照り残りゐる卯月の夕陽


180420w

最近は日が長くなって、午後の六時近くになってもまだ西の地平の上に太陽が残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/19

日暮れ時川岸に沿ひ数匹のかはづ鳴く声聞こえ来るなり


180419w

今日の写真は、昨日の写真と同じアングルで、ちょっと日が暮れかけた時間帯である。蛙の鳴き声があちこちから聞こえてくる。この鳴き声はこれからどんどん大きくなっていくだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧