2017/11/18

かそかなる薄桃色に色づきて山の端染むるコナラの葉揺る


171118w

コナラの葉 (だと思う) が、微妙なピンクに色づいている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/08

川幅の狭くなりたる流れには十一月の空映りゐる


171108w2

一週間以上にわたる出張から帰って裏の川をみると、十月末と比べて水嵩がずいぶん減り、川幅もほぼ半分になっている。十一月になって、天気の基調が変わってしまったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/07

道を埋めるブレーキランプは列をなし夕焼けよりも赤く光れり


171107w

北海道と甲州の旅路から関東に戻ると、道路はクルマの洪水である。日が暮れても空は晴れているが、明日は崩れるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/30

野分去り野山を揺らす吹き戻し木枯らし一号と名付けられたり


171030w

台風一過の吹き戻しが 「木枯らし一号」 になるとは思わなかった。日が暮れるとしんしんと冷えてくる。明後日から北海道に出張するのだから、防寒対策をしなければならないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/29

雨粒の波紋大きく広がりて速き流れに消ゆることなし


171029w

台風が近付くとともに、どんどん本降りになって雨粒も大きくなってきた。川面の波紋も大きくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/28

台風は遠くにあれど伸び来たる雲の下にて家に籠もれり


171028w

台風の影響で出張が延期になったので、これ幸いと、たまった仕事をこなしている。台風から伸びる前線が早くも当地にかかって、窓の外はどんよりとしているが、まだそれほど荒れ模様というわけではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/27

水色と青の部分の広がれる天気予報の日本列島


171027w

二週続けて週末に台風が近付くというので、明日から予定していた出張が急遽延期になった。野外での仕事がメインなので、仕方がない。

テレビの天気予報をみると、水色と青の部分が大きくなって、伊豆大島は黄色になってしまっている。今年の十月後半は、本当に雨が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/26

一本の細く伸びたる茎を囲みセージの花の紫に揺る


171026w

野辺にちょっと高く伸びた茎に咲いているのは、多分セージの花だ。「多分」 というのは、「なんとかセージ」 という亜種かもしれないので、念のためそう書いておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/25

月末の締め切りにらみ気がつけば陽は落ちて月も見えぬ夜なり


171025w

月末の締め切りに向けて籠もりきりになっているうちに、あっという間に日が暮れてしまった。明日はいい天気になるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/24

よく見れば野分の痕の残りゐるつくばの里に弱き日の射す


171024w

空は昨日ほどには晴れず、その代わりに風はずいぶん穏やかな一日だった。改めて周囲をよく見ると、台風の被害がそこここに残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧