2019/08/25

道端で枝を広げる木の下で涼みたきなり晩夏の日射し


190825w

緑の葉の茂る枝を広げて佇む木を見ると、「あの下で涼みたい」と思ってしまう暑い一日だった。

 

| | コメント (0)

2019/08/24

暑き日にぽとり落ち来て気持ちよく死ぬるものなり蝉てふ虫は


190824w

平成17年の 8月 18日に「鬱蒼とした木の中で鳴き尽くしぽとり落ち来て死ぬる蝉かな」という歌を詠んだ。まさに蝉というのは「ぽとり落ち来て」気持ちよく死ぬもののようである。

| | コメント (0)

2019/08/23

水たまりに落つる一滴一滴が涼しさを地にもたらしてゐる


190823w

8月の半ばを過ぎてからは毎日のように雨が降る。この雨が涼しさを運んできているようで、季節は確実に秋に向かっているようだ。時の経つのは早いものである。

| | コメント (0)

2019/08/22

先の週の台風十号消え去りて波一つなき小貝の流れ


190822w 

先週までは台風の影響などで風が強い日が多かったが、今日の小貝川の水面にさざ波すら立っていない。

| | コメント (0)

2019/08/21

六日ぶり帰り来たれば稲の穂の頭垂れゐるつくばの里よ


190821w

六日ぶりにつくばの里に帰ると、稲がかなり実っていて、頭を垂れ始めている。季節は確実に進行している。夜明け前には涼しくなるし、季節は秋に変わってきている。

 

| | コメント (0)

2018/11/14

一月と半分余り残したる平成三十年のコーヒー


181114w_2

今日はちょっと冷え込んで、季節は冬に向かっているのだと思わせられた。今年もあと一か月半ほどになってしまったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

ふと窓を振り返り見る午後五時に枯れ草色も緑も見えず


181114w

日がどんどん短くなっているのを如実に感じるのが、今の季節だ。ちょっとデスクに向かって仕事をしていて、ふと窓をみれば暗くなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/12

猛暑より一瞬の間に変はりたる心持ちする冬の気配よ


181112w

天気予報によると、今日を境に気温が下がり始めて、冬の気配が強まるのだそうだ。土手のネコジャラシも彼草色に変わり始めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/11

午後六時牛久沼には街の灯とブレーキランプの列が映り込む


181111w

二十キロ離れた今日の仕事先から自転車で戻る途中で、日が暮れた。帰宅ラッシュの渋滞の先に、街の灯を映す牛久沼の湖面が見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

エルニーニョ発生せりと伝へられ夜空に白き雲ぞ流るる


181110w

今日は昨日と比べてやたらと暖かい一日だった。気象庁によると、エルニーニョが発生したという。この冬は暖冬になる可能性が高いらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧