2017/09/19

昼前に薄雲出でて中折帽の如き推移のソーラー発電


170919w

太陽光発電のモニターパネルを見ると、発電実績の推移から天気の移り変わりがよくわかる。

今日の折れ線グラフは中折帽のような形になっていて、朝から良く晴れたが、昼前頃からちょっとだけ薄雲が広がり、ちょっとだけ持ち直したが、また雲が広がってしまったというのが、うかがわれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18

野分過ぎ世界の空気変はりたり刈田に注ぐ熱き日射しよ


170918w

夜中から朝にかけて、台風十八号の影響で大荒れだったが、日が昇りきってしまうとギラギラした真夏のような日射しが照りつける上天気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

黒雲は低く山肌覆ひたり台風十八号の近付く


170917w

台風十八号が刻々と近付いてきている。つくば周辺もかなり雲が低く垂れ込めて、時折雨が激しく降る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/16

沖縄を過ぎて本土に来るといふ野分を前に刈田広がる


170916w

大型台風が近付いているというが、つくばの地は時々小雨が降るものの、まだ案外静かである。田は稲刈りが進んでいるが、例年に比べるとやや遅れ気味だと思う。やはり八月の天候不順が響いているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/15

そうめんをすすりて暑き日を過ごし明日の野分の雨を待つなり


170915w

台風十八号がゆっくりと近付いてきていて、明日の夕方以後は関東も雨になるらしい。今日も昼過ぎまではよく晴れていたが、気温はそれほど上がらなかった。それでもそうめんがおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/14

何処より飛び来て何処に消え去るか椿象の髭風に揺れゐる


170914w

外出先からクルマで帰宅したら、ボンネットにカメムシらしき虫がへばりついていた。一体どこからくっついてきたのだろう。

カメムシは 「椿象」 とも表記されるが、悪臭を発するので 「ヘッピリムシ」 とも言われる。そのままに放っているうちに、どこかに飛び去ってくれたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/13

薄雲の切れたる彼方夕陽受け北関東に厚き雲湧く


170913w

昨日と同じアングルで写真を撮ってみた。真上には薄雲が広がり、その雲の切れる彼方、北関東には、分厚い夏雲が見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/12

青空ののぞきやうやく秋の雲空を渡ると気付く夕刻


170912w_3

天気予報では晴れるということだったが、実際にはかなり雲の多い一日で、夕刻になってやっと青空がのぞいた。青空がのぞいて、ようやく秋の雲だとわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/11

川土手に赤き色合い滲ませて早彼岸花咲き始めたり


170911w

今年は秋の訪れが早いのか、もうヒガンバナが咲き始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/09

今ひとつ青みの薄き秋空に真夏の如き雲の湧きゐる


190909w

今日はピーカンに晴れるという予報だった割には、案外雲が出た。秋空に夏のような雲である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧