2017/10/15

頂にまだ雪のなき鳥海の青き山容辛うじて見ゆ


171015w

父の七回忌法要を終え、五百キロ近い道のりを運転して、慌ただしく帰宅した。酒田を離れる直前、雲が晴れて鳥海山が山頂まで望まれた。

写真では手前のトラックの列が邪魔だが、クルマを運転して帰る途中なので、アングルに贅沢を言う余裕がなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/14

みちのくの山肌赤くなり初めて父の七回忌と早もなり


171014w

父の七回忌で、山形県酒田市に帰郷している。写真は途中の山形道のパーキングエリアから見た景色。紅葉が始まりかけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/13

初めての小田原までの片道は二千二百と七十円なりき


171013w

小田原まで一泊二日で出張した。片道二千二百七十円の旅だった。

熱海は行ったことがあるが、その手前の小田原は初めて下車した。小田原が静岡県ではなく神奈川県だったと、今回初めて知った。行ってみたらなかなかいいところだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/21

伊予の里の蓮田を渡り来る風の次第に乾き始めたるなり


170921w_2

愛媛県の大洲市というところに泊まった。ホテルの裏にちょっとした蓮田がある。収穫は今の時期だと思うのだが、そんな気配はない。ただ秋の風が渡る。

昨夜はちょっとだけ雨が降って、路面が微妙に濡れていたが、すぐに乾いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/20

平成の風吹き入りて簾越し明治の香り帯びて渡りぬ


170920w_2

四国の愛媛県に来ている。自分のブログを遡ってみると、6年前に初めて来たのも、やはり 9月だった (参照)。今回も道後温泉本館の湯に浸かった。

ただ、前回は道後温泉本館のすぐ近くのホテルに泊まって、日が暮れてから温泉に入ったのだが、今回は日があるうちに入り、そのままクルマで西に向かった。今夜は大洲市のホテルに泊まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/01

夜更けたる京都の町にキャンドルと光るタワーの真直ぐなりけり


170901w

午後四時過ぎに自宅を出発し、京都に来ている。今夜は京都市内に泊まって、明日は綾部まで行く。

京都に着いた時は夜もすっかり更けていて、京都タワーがまさにキャンドルになっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/21

盆からの一週間の旅をして日暮れし里に戻り来たれり


170821w

ほぼ一週間の出張を終えて地元に帰って来た時にはすっかり日が暮れていた。今月はまだ新潟と京都に行く予定がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

九州でかきたる汗を九州のホテルのバスに流し帰らむ


170820w

先週の火曜日から出た今回の旅も、今日で六日目となり、明日は一週間ぶりで帰宅することになる。今夜のホテルはバスタブがそんなに小さくはないので、ゆっくりと使って九州でかいた汗を流そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/19

板東の地では久しく見ることのなかりし夏の雲の湧きゐる


170819w_4

京都から博多に向かう新幹線の車内から、久しく見なかった夏雲が見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/18

平壌と平安の差は千年の時の流れを汲むほど長し


170818w

奈良駅から京都駅に来ると、古代から現代に移ったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧