2019/06/22

八雲さす出雲の磯の波の香の未だ飛ばぬ夜に筑波に戻れり


190623

出雲への旅を終え、バス停でバスを降りると雨は止んでいた。

 

 

| | コメント (0)

2019/06/21

曇り空の出雲市駅の北口より望むは島根半島の山


190621w

出雲に出張している。出雲市駅の北口より望むと、出雲半島の山が見える。

 

| | コメント (0)

2019/06/09

青空を一直線に伸びて行く飛行機雲は山の彼方に


Img_7013

今朝、ホテルを出ると北側の空に飛行機雲が見えた。こんな早くから飛行機が飛ぶのは、近くに自衛隊基地があるからか?

 

| | コメント (0)

2019/06/08

隙間なき深き緑の塊の東北の背骨横切りにけり


190609w

八戸から仙台まで南下し、さらに西にターンして山形県に入った。途中の奥羽山脈は、さすがに「東北の背骨」の様相である。

 

| | コメント (0)

2019/06/07

西日本の雨を少しは引き受けて夜に入りては八戸に着く


190607w

今日は朝から雨模様の中、あちこち用足しをして夕方に家を出発。夜中になって八戸に着いた。八戸は涼しい。

 

| | コメント (0)

2019/05/25

東京の西の端なる郊外の風冷めぬまま夜半となりたり


190525w

銀座で開かれた同窓会が終わり、そのまま出張のために八王子のホテルに入っている。三階の部屋の窓から見る景色は、東京の郊外の町らしい雰囲気だ。

 

| | コメント (0)

2019/05/21

本州の西端めぐり空映す海は紛れもなき日本海


190521w

下関の中心街から少し北上すると、そこは紛れもない日本海岸である。透明度の高い海に久しぶりに遭遇した。

 

| | コメント (0)

2019/05/20

我ながら晴れ男なるありがたさ行く先常に陽ぞ射し来たる


190520w

昼前につくばの地を発って、夕方過ぎに出張先の下関に着いた。下関はずっと雨だったようだが、私の着く頃には上がっていてきれいな夕焼けになっていた。

仕事の本番の明日はすっかり晴れるらしい。逆に私がいなくなった関東は大雨になるようだ。そして夜に私が帰る頃には回復するという。

晴れ男の面目躍如といったところだ。

 

| | コメント (0)

2019/05/16

駿河なる木々の緑の照る国で茶葉の緑も啜り切りたり


190516w

新茶のおいしい静岡での仕事から帰ってきた。写真は城北公園というところ。気持ちのいい青空に恵まれた。さすがに駿河の国の緑は濃い。

 

| | コメント (0)

2019/05/15

常総の間近の火事の黒煙と列車事故にて驚きたる日


190515w

Today's Crack の方でも書いたが、今日は火事のものすごい黒煙を目撃したかと思うと、鉄道事故に巡り合わせて新幹線に乗れなくなるところだった。

無事に静岡に着いてホッとしている。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧