2017/04/19

瀬戸内に風吹き渡り八重桜越しに小さく天守閣見ゆ


170419w

丸亀の地では、思いがけなく満開の八重桜に迎えられた。桜越しに小さく丸亀城天守閣が見えるのに気付いて戴ければ幸いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/26

新橋の駅前広場正午にて汽笛一声鳴り響きたり


Img_7177

新橋駅で東海道線に乗り換えようとしたら、突然汽笛が鳴り響いた。時計を見ると、ちょうど正午である。

その汽笛は、駅前に展示されている蒸気機関車から聞こえる。「そうか、正午になるとあの蒸気機関車は汽笛を鳴らすのか」 と、初めて知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

ガチャポンといふ名の自動販売機ゴミ箱の前淋しくも立つ


Img_6877

ゴミ箱と缶ジュース自動販売医の前に立っているのだから、多分商売になってるんだろうが、何だかうら寂しい気持ちにさせられるのが、ガチャポンというなの自動販売機である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/26

掘留の街を歩きて糸偏の看板の数減りたるを知る


Img_6798

久しぶりで掘留の街を歩いた。ここは東京の繊維産業の中心だったところで、ちょっと前までは繊維問屋の看板が建ち並んでいた。

私はつい二十年ぐらい前まではこの世界の外郭でメシを食っていたわけだが、時代は変わるもので、今となっては繊維産業の看板は半減以下という状態になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/14

見上ぐれば高層ビルの建ち並ぶ都市の地面を覆ふ蛇の鬚


Img_6257久しぶりで都心まで出かけた。昼過ぎまでは雨が降っていたが、夕方には止んだ。初めから止んでくれていれば、駅まで自転車で行ったのだが。

都心にもきれいな庭園があって、地面もジャノヒゲ (別名リュウノヒゲ) で覆われて美しい緑になっていた。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/17

金遣ひしやすきやうにさてはまたしにくきやうに駅は変はるや


Img_5631出張で大阪に来ている。新大阪で新幹線を降りて地下鉄に乗り換えたのだが、なんだか新大阪駅構内がちょっとお洒落に改装されているような気がする。

どこの駅も同じように無機的でちょっとだけお金を使うように、あるいは使いにくいように変わっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/04

渋滞に埋もれ見上ぐるものはただ高層ビルの窓の灯火


Img_5032宵の口の帰宅ラッシュで、水戸の街は渋滞である。早く帰りたいのだが、なかなか動かない。

近頃疲労が溜まり気味なので、ちょっといらっとしてしまうのだが、意識的に心を落ち着かせてしのぎ、なんとか帰って来た。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/24

東京の景色の中に溶け込みてスカイツリーは霞みゐるなり


Img_3619妻と長女のアパートを訪問した。窓からスカイツリーがはっきり見える場所にあるのだが、今日はあいにくの小雨模様で、ぼんやりとかすんでいた。

スカイツリーもすっかり東京の景色の中に溶け込んでしまったようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/10

蛍光灯の模様を見上げ測りゐる忙しきビルさもあらぬビル


Img_3232今日は仕事で立川まで行った。帰りは中央線で東京駅まで来て、そこから例の上野東京ラインというやつで、取手駅まで直行で来た。

写真は東京駅のホームから眺めたビル。丸の内に立つビルでも、ずいぶん遅くまで明かりの点いているビルと、そうでもないビルがある。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/02

夕暮れを過ぎて蒲田のアーケードの灯はいつまでも消えず残れり


Img_2949明日の朝早い便で新千歳空港に飛ぶために、蒲田のホテルに前泊している。関東に住み、長く東京を活動拠点としていた私だが、実は蒲田という駅で降りたのは初めての経験だ。

なかなか雑多な雰囲気のある街である。なるほど 『蒲田行進曲』 という作品が生まれたわけだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧