2020年10月26日

Apple Watch を使って Mac に瞬時にログイン

自分のブログを検索してみると、私がそれまでのガラケーから iPhone に乗り換えたのは、11年以上前の 2009年 8月 14日のことだった(参照)。バリバリの Windows ユーザーだった頃である。ちなみにその 3年前の 2006年には既に何代目かの iPod を使っていた。

201026

そしてあの大震災のあった 2011年、3ヶ月近く経ってようやく落ち着きかけた 6月 3日に ipad を買った。2日後と 9日後に使用レポートを書いている(参照 1参照 2)。

Windows PC から Macbook Pro に乗り換えたのはその 2年半後の 2014年 1月 20日だったが、さすがに iPhone や iPad のようにすぐにレポートを書くことはできない。"Mac を使うことによる 「しっくり感」"という記事を書いたのは、10日経った 1月 30日だった。

そして今年になってからは、デスクトップの iMac、軽量ノートの MacBook Air、iPad、iPhone、そして 2017年 11月 2日に買った Apple Watch (参照)と、合わせて 5台持ちの堂々たる(?)Apple 信者になってしまっている。ここまで来るのに 14年以上かかっているということだ。

2018年 3月 5日に、「もし MacBook Air の廉価版が出るなら、私は将来的には、自宅で使う iMac と、外出用の MacBook Air、そして iPhone の 3台体制に移行したいと思う」と書いている。確かに最近は iPad の使用頻度が高くないから、これに Apple Watch を足した 4台体制で満足している。

そして最近、ふとした小技を知った。手首に Mac と連動させた Apple Watch を付けていると、ログインの際にパスワードとか指紋認証などの面倒がないのである。

Mac の「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を選択すると、「Apple Watch を使ってアプリケーションとこの Mac のロックを解除」という項目がある。これをオンにすると、スリープ状態になっていた Mac のキーボードかマウスにちょっと触れただけで、瞬時にログインできるのだ。

電源オフになっていた場合でも、パスワード入力画面が表示される前にログインできてしまっている。これはかなり快適だ。下手するとログイン・パスワードを忘れてしまうんじゃないかとも思ったが、既に体に染みついているから、どうやら大丈夫そうだ。

 

| | コメント (0)

2020年10月25日

「血糖値スパイク」という現象があるらしい

夏こそ甘酒」という記事を書いたのは、7年ちょっと前のことだ。それまで冬に体を暖める飲み物とばかり思っていた甘酒が、俳句では夏の季語になっていると、この時初めて知ったのである。

201025

甘酒は「飲む点滴」と言われているほどで、体がぐったりと疲れた時などは、暖かい甘酒を 1杯飲んで寝るだけで、驚くほど回復する効果がある。そんなわけで、最近はちょっとハードワークがたたって(あるいは年のせいで?)かなり疲れ気味だったので、久しぶりに甘酒を飲んでみた。

おかげで疲れはかなり回復したのだが、妙なことに気がついた。午後の「おやつ時」に甘酒を飲むと強烈な眠気が襲ってきて、仕事どころではなくなるのである。机に向かっていても目を開けていることすらできず、いつの間にか寝落ちしてしまって、2時間ぐらい経ってからふと目が覚めていたほどだ。

さすがに「これは一体どうしたことだ?」と気になり、ネットで調べてみると、「食後の急な眠気の原因は血糖値スパイク? 予防に効果的な食事法 4選」というページに行き当たった。私の場合、どうやらこの「血糖値スパイク」という現象が起きていたようなのである。

このページの記述に沿って、「血糖値スパイク」のメカニズムを、下にまとめてみる。

  1. 健康な人の場合、血糖値の変動はインスリンの働きで一定に保たれているが、糖の過剰摂取にインスリンの働きが追い付かないと、糖を細胞に取り込めなくなり、高血糖状態になる。

  2. 血糖値が急激に上がるとインスリンが大量に分泌され、糖を細胞などに運ぶエネルギー化を強化する。甘酒で疲れが取れるのはこのおかげなのだろう。

  3. しかしこのはたらきの反動で血糖値が急降下して、今度は低血糖状態になり、強い眠気や倦怠感を感じたり、イライラしやすくなったりする。

なるほど、私の経験した「強烈な眠気」と「疲れの回復」は、これで説明が付く。もっともこのページにある「血糖値スパイクのセルフチェック」のための「問診票」にトライしても、16項目のうち 2項目しか当てはまらないので、私は決して「血糖値スパイクになりやすい体質」というわけではなさそうだ。

今後は「ちょっと疲れ気味」程度では、いくらノン・アルコールだからといって、昼から甘酒を飲むのは止めておこう。飲むなら夜の入浴後にすると、歯を磨くのがやっとというほど、あっというまに眠りに落ちる。

【追記】

Wisdom 英和辞書によると、"spike" という語には、「(主に折れ線グラフなどの)とがった点、山形に折れた部分」という意味がある。

なるほどね、血糖値が急激に上がって、また急に低下するピークをとがった「スパイク」に喩えたのだろう。

| | コメント (2)

2020年10月24日

飲酒のメリットとデメリット

3年前に「お酒は卒業しちゃったようだ」と書いたように、私はすっかり「酒を飲まない人」になってしまって、近頃では飲み会に誘われるのさえ苦痛に感じる。飲むのは半年に 1度ぐらいで十分である。

201024

東洋経済 ONLINE に ”「お酒で現実逃避する人」が見逃す不都合な真実” という記事がある。"飲めば飲むほど「嫌な記憶」が強化されてしまう" というサブタイトル付きだから、ちょっと見逃せない。

東京大学大学院の松木則夫・野村洋両氏の研究では、「やけ酒をするとイヤな記憶や気持ちがかえって強くなる」と判明している。ネズミに電気ショックを与えた後にアルコールを注射すると、電気ショックの恐怖を忘れるどころか恐怖がさらに強まり、臆病になってしまったというのである。

アメリカ国立衛生研究所のホームズらの研究結果によると、「アルコールを常習するとイヤな記憶を消す能力が下がる」というのだから、「酒を飲んで憂さを忘れる」なんて幻想で、実は逆効果のようなのだ。

飲めば飲むほど嫌な記憶が心に深く刻み込まれるという作用を知らないと、その記憶から逃れようとして、ますます酒に逃げ込もうなんてするようになるのだろうね。これはもう、悪循環としか言いようがない。

ただ、酒は適量さえ守ればクリエイティビティが増すというメリットもあるらしい。ニュースはイリノイ大学のジャロスツらが行った実験について、次のように伝えている。

21歳から30歳の男性40人をアルコールを摂取した20人のグループと、摂取していない20人のグループに分け、パソコンの画面に映し出された言葉の問題について、各問1分間の制限時間内で答えを入力するという課題をやってもらいました。結果、正答数については両者に違いはなかったものの、アルコールを摂取したグループの方が回答が早く、また洞察に富んだ回答をしていたのです。

ちなみに「適量」は、アルコールの血中濃度が 0.75% ぐらいが最も効果があるようで、缶ビール 1〜2本に相当すると報告されている

いずれにしても「飲み過ぎ」はよくないようで、「憂さを忘れる」ためといった「暗い飲み方」で量が進んでしまうと、心と体にとってさらに悪いということのようだ。

 

| | コメント (2)

2020年10月23日

インターネット接続が 3日続けて安定している

17日に「インターネット接続の光回線が突然死んだ」という記事を書いて、それから 3日連続で夜になると光回線がつながらなくなるという状態が続いたが、この記事の【10月 20日 追記】に書いたように、20日夜にはこの現象が消え、フツーにつながるようになった。

201023

このところはずっと右側の ONU の緑色のランプがちゃんと 4つとも点灯してくれているが、17日の記事に添えた写真では、「認証」と「光回線」というランプが消えっぱなしだったのだ。左側の ルーターも、「電源」ランプの下の「警告」ランプが、ずっと赤く点灯していた。

あれはいったいどういうことだったのだろうと、「夜間 光回線 切断」というキーワードでググってみたが、「夜になると接続が遅くなる」という現象に関する記述は多いが、「切れる」という現象に関しては、ドンピシャリの回答がほとんどない。

いずれにしても、夜になるとアクセスが集中的に増えてスピードが遅くなるというのは、ありがちの現象のようだ。我が家の場合はそれが極端な形で現れて、朝になるまで切断された状態が続いていたのだと思われる。

それにしても、私は基本テレワークなので、インターネットがつながらないと本当に困ってしまう。一応 iPhone でテザリング接続するという手で切り抜けていたが、やはりつながるべき光回線がつながらないというのは、かなりのストレスになる。

20日から今日まで 3日間、夜になっても安定してつながっているので、ひどい状態は一段落したものと考えているが、いつまたぶり返すか知れたものではない。願わくは、まともな状態がずっと続いてほしいものである。

 

| | コメント (0)

2020年10月22日

茨城県のイメージが最下位を脱出したらしい

ちょっと旧聞気味で恐縮だが「都道府県魅力度ランキング」という調査で、私の住む茨城県が 8年ぶりに最下位を脱出したらしい。ビリから 2番目になったのかと思ったが、実は岐阜県と並んでビリから 5番目だった。下に福井、佐賀、徳島、そして最下位の栃木の 4県がある。

201022

こりゃもう、「へえ!」ってなもんだ。8年も最下位をキープしていたのだから、茨城県民には妙な誇りみたいなものまであって、Livedoor News では "「万年最下位に意味がある」「自虐できなくなった」など戸惑いも広がっている" (参照)なんて伝えられている。

実は今日、ちょっとした用があって通称 "TX" の「つくばエクスプレス」沿線、つくばみらい駅というところまで行って驚いた。なんとまあ、そこはちょっと前の東京郊外とか横浜郊外の街作りみたいな様相に変化していたのである。ちょっと前までは畑か山林だったのに、こんな感じだ。

2010222

TX 沿線はもはや茨城県ではなく、バブルの頃の金曜夜 ⒏時台のテレビ・ドラマに登場した「小洒落た住宅街」みたいな感じに変貌してしまっていたのである。いやはや、こりゃもう、茨城県の光景じゃないね。

私の住む住宅地は、約 40年前に引っ越して来た頃は周り中が働き盛りのサラリーマンだったが、いまや年寄りばかりの街に変わってしまっている。道理で道路のクルマの流れがめちゃくちゃトロくなっているわけだ(参照)。

ところが TX 沿線だけは都心方面から流入してきた若夫婦が多く、子どもも増加しているんだそうだ。そんなこんなで、茨城県のイメージも少しずつ変わってきているのかもしれない。

とはいえ私自身も「自虐のネタがなくなった」と、ちょっと淋しい気がしているクチである。

 

| | コメント (2)

2020年10月21日

学校でのマスク着用は、必要以上に息苦しいのだね

一昨日の「ニューヨーカーのマスクコレクションがおもしろい」という記事で、"日本の学校だったら、「マスクは白無地が原則。派手な柄のマスクは禁止」なんて言われそうだ" と、半ば冗談のつもりで書いたら、これが全然冗談になってなかったと判明した。

201021

この記事に柘榴さんから、”「言われそう」というか、既にそういう事例がありました” というコメントが付いた。示されたリンク先に飛んでみると、上毛新聞の「マスク 白でないとダメ? 小学校で指導 県議会で県議が指摘」という今年 3月 27日付の記事で、こんな内容である。

新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄が続く中、「柄があるマスクの着用を子どもに認めない学校がある」との指摘が、26日の群馬県議会文教警察常任委員会に出席した県議からあった。新年度の学校再開を控え、予防の観点からデザインにかからわず着用を認めるよう、市町村教委へ呼び掛けるよう要望した。

試しに「学校 マスク 白」のキーワードでググってみると、出てくるわ、出てくるわ。大変な数だ。その中からほんの数例を下に挙げてみる。

学校が強要、マスクは白だけ?

やっとの思いでゲットしたマスクなのに…学校から来た連絡は『無地のマスクにしてください』

【校則】札幌のとある学校がマスクを白・無地と決めつけ市教委から「色や柄は関係ない、着用を優先すべき」とお叱りを受ける

全国の多くの学校に「マスクは白色だけ」という校則が!

さらにコトは学校だけじゃなく、職場にまで広がっている。

職場や学校の「白マスク」指定に悲鳴 専門家「管理者の安全感覚鈍い」

ただでさえマスク着用は息苦しいのに、日本の学校や職場の管理者は、これをさらに息苦しくしたいようなのである。

ただ、こうしたニュースは今年の 3〜4月に集中していて、それ以後は影を潜めている。春頃は店頭のマスク在庫が払底していただけに、「感染予防を最優先に考えて、手持ちのマスクの着用を認めるべきだ」という行政からの指導が効いたようなのだ。

とはいえ私としては「めでたし、めでたし」で済ませる気になれない。どうしても気になるのは「白マスクにこだわるな」という行政指導の理由が、ニュースを読む限り「感染予防を優先させろ」という発想一辺倒だったことだ。

これはとりもなおさず「白マスクが入手困難なのだから、手持ちの柄マスクでも仕方ない」ということであり、煎じ詰めれば「本来望ましいのは白無地」と言っているのと、根っこのところでほとんど変わらない。

「マスクのデザインなんて、自由にしとけばいいじゃん!」と、どうして言えないかなあ。

 

| | コメント (0)

2020年10月20日

日米の「政治風土」の違い

Gigazine に "政治のニュースを見すぎることは「幸福に悪影響を与える」という指摘" という記事がある。もっともこれは米国のお話で、”The Atlantic" という雑誌記事の翻訳のようだ。

201020

日本語の見出しを見た時、私は「そうだよね、国会中継や記者会見を見ても、政府の首脳(安部さんとか管さんとか)は、質問に対して絶対にまともに答えないようにしてるもんね。見てるだけでムカムカしてしまうわ!」と、共感してしまったのである。ところが、元記事の内容はちょっと違うようなのだ。

元記事のタイトルは下の画像のように、 "Reading Too Much Political News Is Bad for Your Well-Being" というものである。直訳すれば、「政治のニュースを読みすぎるのは健康に悪い」ってことで、「見すぎることは・・・」というのとはちょっと違う。

2010202

Gigazine の記事のトップの写真は、テレビのニュースを見すぎた若いネーチャンがソファで塞ぎ込んでいるというような風情で、”The Atlantic" の、新聞を読みふけるオッサンがストレスに晒されているというイラストとは、イメージが全然違う。これはそのまま、日米の政治感覚の違いだろう。

元記事の言っているのは、(米国では)政治に関心の強い人ほど自分の政治的な立場や考えにこだわるため、特定の情報に偏重してしまいがちだというのである。その結果、周囲との人間関係に軋轢が生じたり、世界の広範囲の情報に関して知識が欠けてしまったりする。

つまり、日本人は政治のニュースに接し過ぎると大抵「がっかり」し、つい遠ざかってしまいがちだが、米国人は逆にますます「のめり込んでしまう」というのである。対極的な反応で、日米の「政治風土の違い」としか言いようがない。

日本ではうかつに政治的情報に触れると失望感につながってしまうので、選挙での投票率が上がらない。それで政治家は「お友達」だけを相手にするようになってしまい、そのせいで一般的な「がっかり感」はさらに増幅される。

そうした意味では、米国人が政治のニュースに接しても「がっかり」せず、ますますアグレッシブになりがちというのは、ある意味うらやましいような気さえしてしまう。

 

| | コメント (0)

2020年10月19日

ニューヨーカーのマスクコレクションがおもしろい

NewSphere に「マスクにもファッション  ニューヨーカーのマスクコレクション」という記事がある。

201019

冒頭には「ニューヨーカーもウイルス拡大防止のためマスク着用を受け入れるようになった」とある。「要請」とか「決まり事」とかいうのではなく、「受け入れるようになった」というのが、ちょっといいよね。もっとも、トランプは受け入れてないみたいだが。

せっかく受け入れたのだから、いっそ「表現」にまで高めようというのが、さすがニューヨーカーである。

2010192

新学期で登校し始めた子供たちも、「ハートや本、スイカ、音符など思い思いのデザインのマスク」を付けているという。「みんなお揃い」が大好きな日本の学校だったら、「マスクは白無地が原則。派手な柄のマスクは禁止」なんて言われそうだ。

「マディソンアベニューでは、デザイナーマスクとスカーフをコーディネートさせた女性が高級アパレル店の前を颯爽と通り過ぎ」なんていう件もある。スカーフとのコーディネート企画なんて、結構お値段が張るだろう。ニューヨーク的「成金趣味」である。

さらに「逆張り」というか、日本ではスタンダードな白のマスクでも、ニューヨークだと目立ってしまうようなのが、またおもしろい。2つめの写真の下中央なんか、妙にカッコいいではないか。その上の白マスクは、縁部分のバーバリー柄みたいなのが「ちょっとしたこだわり」なのかもしれない。

1枚目の写真の右上、"VOTE!" (投票しろ!)というのも、またいい。トランプはマスクが嫌いみたいだから、これだけでも言外に「バイデン支持」をアピールしていることになりそうだ。

 

| | コメント (4)

2020年10月18日

京都で「舞妓はん ひぃ〜ひぃ〜」を買って来たい

3月あたりからコロナ禍が大問題になって以来、出張の回数が激減している。今年初め頃までは、月に 2回ぐらいは泊まりがけの出張をしていた。ところがそれ以後は 3月下旬の網走7月下旬の加古川という、たったの 2度きりである。

201016_20201018200301

いつもの年なら 10月中旬ともなれば、既に 20回ぐらいは泊まりがけの出張をしているはずなのである。ということは、今年はいつもの 1割ぐらいしか遠出していないということだ。

とくに訪れる機会の多い京都に関する思い出話は、加古川からの帰り満ちに寄り道した記事に書いている(参照)。いつもならもう 5〜6回訪れていてもいいはずの京都に、今年は寄り道でわずかに 1回しか行っていないなんて、我ながら信じられない。

で、この時痛恨だったのは、せっかく京都に寄り道したのに、「舞妓はん ひぃ〜ひぃ〜」を買い忘れてしまったことだ。これに関しては、昨年 4月 3日付の記事に書いているが、多分日本一辛い唐辛子である。私はもう、これがないと暮らしていけない体になってしまっているのだよ。

もうそろそろ 2〜3ヶ月ぐらいで使い切ってしまいそうなので、早めに京都に出張して買ってきたいものだ。もし京都に行くのがもっと先になってしまったら困るので、念のため、近所のショッピングセンターの「沖縄フェア」で「コーレーグース」を買ってきた。多分日本で 2番目に辛い調味料である。

2010182 

上の写真で右側の瓶がそれだ。これで、少しは「舞妓はん ひぃ〜ひぃ〜」の消費が穏やかになるだろう。

「舞妓はん ひぃ〜ひぃ〜」は、別に京都に行かなくても Amazon で買えばいいのだが、そこはそれ、ちゃんと京都の空気を吸いながら買って来たいと思っているのである。ああ、早くまた京都に行きたい。

 

| | コメント (0)

2020年10月17日

インターネット接続の光回線が突然死んだ

夕方過ぎに、我が家の光回線(Softbank 光)が突然つながらなくなってしまった。大抵の場合は ONU(写真右の光回線終端装置)と BB ルーター(写真左)の電源を入れ直せば何事もなかったように復活するのだが、今回ばかりはどうしてもつながらない。

201017

ソフトバンク公式サイトの「障害・メンテナンス情報」で確認しても、茨城県では「障害情報は登録されておりません」と表示されるので、我が家内部の回線接続に異常が発生しているということだ。ONU の 「認証」と「光回線」のランプが点かないので、この機器そのものがおかしくなっている可能性が高い。

ONU(なぜかNTT のロゴ入り)は回線契約の際にレンタルされたもののはずだから、これを交換してもらえば何とかなるかもしれないと、淡い期待を抱いてみる。しかし何しろ日が暮れてしまってからのハプニングなので、明日になるまでは動きようがない。

仕方がないので、iPhone の 4G 回線でテザリングしてこの記事を書いている。いやはや、今月の iPhone の電話代は高く付きそうだ。早く復旧することを祈るばかりである。

【10月 18日 朝 追記】

朝起きていろいろやって、ふと ONU を見るとランプが 4つとも点いていて、BB ルーターの電源を入れ直したら Wifi が復活した。何もしてないのに一体どうしたんだろう? やっぱり我が家の中の異常じゃなくて、光回線の不調だったのだろうか? 謎である。

Softbank の光回線は不安定ともっぱらの評判だが、それを実感。

【10月 20日 追記】

17日から 19日まで 3日間、夜になると突然 ONU の「認証ランプ」が消え、インターネット接続ができなくなり、翌朝になると接続が復活しているという現象が続いた。どうやら夜になると光回線上のトラフィックが異常に増え、まともな接続がきかなくなっていたようだ。

Softbank の代理店に立ち寄って、この現象に関する情報はないかと尋ねたが、一切報告されていないという。案外いい加減なものだね。

そして今夜は 21:35 現在、インターネットはまともに接続されている。異常なトラフィック増大という現象は一段落したのだろうか。まだまだ安心はできないが、少しほっとしている。

 

| | コメント (4)

«「機能性表示食品」というものがあるらしいが