2020/04/01

私の生まれた日のブログ記事

私が生まれたのは 1952年 7月 26日。ふと思い立って、この日付をキーワードとしてググってみたところ、私が生まれてすぐに書いたらしいブログ記事が見つかった(参照)。

   Xxxx520726

いつの間にこんなブログ記事を書いたものかまったく記憶にないが、とりあえず私は生まれついてついてのブロガー(born blogger)のようで、この日はこんなような生意気なことを書いている。

ところが母はお産の真っ最中だというのに、ヘルシンキ・オリンピックの水泳 1500メートル自由形(橋爪四郎選手が銀メダルを獲得)のラジオ放送に夢中で、心ここにあらず。産婆さんに「生まれましたよ〜」と声を掛けられて初めて、「え、もう?」なんて驚いていた。

要するにチョー安産だったわけだが、自分の母親が後の世に「天然ボケ」と称される類いの愛すべきキャラであることを、私は生まれてすぐに悟った。

東北地方は 1週間前ぐらいに梅雨が明けたらしく、産道を必死に潜ってきた私は汗だくで、産湯に浸かって初めて人間らしい心地がした。うん、この世で生きてみるのも、まんざら悪くなさそうだ。

この日の写真として使われているのは、米国の映画雑誌 "Screen Stories" の 1952年 7月号の表紙。ドリス・デイとロナルド・レーガン主演の ”The Winning Team” という作品の特集だ。

父も母も洋画ファンだったので、グリーンハウスという知る人ぞ知る映画館に 2人でしょっちゅう通っていたようだ。それだけでなく、わざわざこんな映画雑誌を米国から取り寄せてもいたようなのである。

67年 9ヶ月後に振り返ってこんな記事を書くようになるとは、この時は知るよしもなかった。ロナルド・レーガンがアメリカ大統領になることは、ちゃんと予言しているのに。

ちなみに私の生まれたのは日曜日だったのだね。道理で我ながらお気楽なわけだ。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2020/03/31

日本中ガラガラ

下の写真は、昨日まで行っていた北海道網走からのオホーツク海の眺めである。水平線がやや白く見えるのは、離岸して遠ざかった流氷だ。空は爽快なまでに晴れているが、どこか淋しい景色である。なにしろ、人がいないのだ。

200331

とにかく、コロナ騒ぎで日本中ガラガラだ。28日に発って北海道に向かい、2泊 3日して帰ってきたのだが、本当に空いていた。「楽天トラベル」で網走のホテルを予約した今月初め頃はどこも混んでいて、私の泊まったホテルも「最後の 1室」ということだった。週末にかかっていたから当然だろう。

ところが実際にホテルに着いてみると、「キャンセルが相次いだ」そうで客がいない。「大浴場」もほとんど貸し切り状態だった。往復の飛行機もガラガラ状態で、座席は 3割も埋まっていない。羽田空港も女満別空港も、搭乗手続きがあっさり済んでしまう。

関西方面に出張してきた知り合いに聞くと、京都も奈良もガラガラだったそうだ。「おかげで、静かな京都を楽しめましたよ」なんて言っていた。

来月末からの連休にしても多分こんな具合だろうし、夏を過ぎても続くだろう。世の中はこれまでとちょっと違ってしまっているんだと覚悟しなければならない。

 

| | コメント (0)

2020/03/30

網走のホテルって、細部がビミョーに派手好み?

北見の土地に来たのは 3度目だが、網走に宿泊したのは初めて。しかも二泊である。そして「ここって、案外派手好みの土地柄なのかなあ」なんて思ってしまった。というのは、特段デラックスでも何でもない安いビジネスホテルなのに、細部が妙に派手なのだ。

200330

写真の左上は天井の照明で、左下は蒔絵風の柄がご大層な茶筒と湯飲み。「ここって、場末の温泉旅館?」なんて思ってしまいそうだ。そしてダメ押しがバスルームのトイレットペー-パーだ。何とまあ、ピンクの花柄なのである。ビジネスホテルでこんなのは初めて見た。

漁港のすぐ近くの立地だから、漁師の気風で派手好みなのかなあとも思ったが、この花柄トイレットペーパーは、いくらなんでもそれとはテイストが違いすぎだ。どういう感性の産物なのだろう。

とはいえ、そのほかの点ではこれと言ってイヤなところもなく、快適に過ごさせて頂いたから文句はない。どうもありがとう。

2003292

最後のサービス・ショットは、知床の山々とオホーツクの海に残る流氷だ。

 

| | コメント (6)

2020/03/29

「ウイルスに打ち勝つ」というレトリックへの違和感

ふゆひーさんが昨日付で「これほど中身のないメッセージってなかなか書けないよね」と tweet しておられる(参照)。どんなメッセージかと言えば、宮田亮平・文化庁長官の「文化芸術に関わるすべての皆様へ」というものだ。

200329

まさに具体論抜きの精神論で、「俺も頑張るから君たちも頑張れ」と言っているに過ぎない。これに対するお手本的な批判は、「美術手帳」のサイトの「長官メッセージに批判。文化庁は具体的な補償内容への言及を」という記事につまびらかに書かれている。

とはいえ、やれ具体的な支援策はどうなってるんだとか、保証についての具体的金額を示すべきだとかのもっともらしい話を、私がここで繰り返しても仕方がないから、そんなことは一切書かない。そもそも支援は芸術家のみならず、より広範な国民が受けるべきなのだし。

私がここで問題にしたいのは、メッセージの下から 五行目、「この困難を乗り越え、ウイルスに打ち勝つために・・・ 云々」という件だ。この「ウイルスに打ち勝つ」というレトリックは、今や最もナンセンスなステロタイプと化している。

これに類した言い方は、「ウイルスを撲滅する」「殲滅する」「ウイルスとの戦い」等々、数え上げればきりがないほど威勢のいい掛け声が、マスコミ、ネット上で飛び交っている。私は先月末頃から、こうした言い方にかなりの違和感を覚えていた(参照)。

今回の事態は、「ウイルスに打ち勝つ」などという幼稚で単純な論理で解決できるようなものではなく、根本的な文明論や哲学にまで立ち返らなければならない。それは今月 18日付の「やっぱり、ウイルスをムッとさせちゃヤバいみたいなのだ」という私の記事でちらりと触れた。

「ウイルスと闘って撲滅しよう」という発言によって代表されるような、「自然界のモロモロを、人間の都合で作り替えてしまおう」という発想は、実は人間が近代以降ずっと採用し続けてきた基調的文明論である。そしてそれ故に、しばしば自然界からの強烈な逆襲に遭うという「業」を背負ってしまった。

本来ウイルスというのは何百万年にもわたって人間と共存してきたのであり、「闘って撲滅する」相手では決してない。そして普段は共存関係にあるウイルスが突然凶暴化した姿に変貌するのは、人間との関係性においてであることが次第に明らかになってきた。

そしてそのことに最も直観的に勘付いていなければならないのは、芸術家のはずだと私は思っている。その芸術家であるはずの(金属工芸家として活躍している)宮田長官が、この期に及んでまだ「ウイルスに打ち勝つ」などと安易なステロタイプを公式に発信している。

というわけで、彼の「芸術」もせいぜいその程度のものと思われてしまいそうなのである。

 

| | コメント (4)

2020/03/28

北海道は上天気

昨日の記事で書いたように、今日から北海道の網走に来ている。ただ、昨日までは昼前に羽田を発って午後 2時前には女満別空港に着くつもりだったが、ちょっと予定が変わって 16時 45分発の便に振り替えたため、18時頃に着いた時には日が暮れていて、景色はほとんど何も見えなかった。残念。

2002281_20200328205801

上の写真は離陸して巡航速度に入ってしばらくしてからの窓の景色である。福島県上空かな。座席が主翼の少し前、間近にエンジンが見えるという絶好のポジションだったので、結構それらしい写真になった。

下界をびっしりと覆う雲の上は青空が広がり、西に傾いた日が燦々と照っている。「コロナウイルスなんてどこの世界のお話?」と言いたくなる爽快さだ。もっとも CAのおねえさんたちはいつもと違い、全員マスクに白手袋という物々しい姿だったが。

2003282

下北半島を越えて海上に出ると徐々に雲が晴れ、青い海が見え始める。そして陸地に戻ると、そこは道東だ。本州までとは違い、雲が少ない。女満別空港に降りる直前になると、下界には街の灯が輝き始め、西の夕焼けとの対比が美しい。我ながらありがたいまでの晴れ男ぶりである。

明日は関東でも雪になるかも知れないなんて予報だが、道東の明日、明後日の予報はしっかりと「晴れ」。昨日までは「晴れ時々曇り」だったのに、私が来ると大抵こういうことになる。明日はしっかりと早起きして北海道の空気を楽しもう。

【3月 29日 朝 追記】

ちなみに、和歌ログの 28日付に、上空から見た阿寒湖の写真を載せておいたので、よろしければご覧頂きたい(参照)。

| | コメント (0)

2020/03/27

明日から 3日間、北国の人となる。

天気情報サイトの tenki.jp が、「日曜は関東など大雪か 来週も寒の戻り」と伝えている。先週までの「いかにも寒の戻り」という寒さをやり過ごし、やっと本格的な春が来たと思っていたら、そんな甘いもんじゃなかった。

200327

なにしろ「気温が予想よりも下がり、降水量が予想より多くなった場合では、桜が咲いている関東の平地でも、警報級の大雪となる可能性があります」なんて言っている。やれやれである。

しかし、そこはそれ、名にし負う晴れ男の私のことである。明日から 3日間、関東からは遠いところに出張する。しかも半端な遠さではなく、北海道の網走に行く。問題の 3日間、日本で雨の心配のないのは北海道だけのようだ。

網走の天気予報は、私が到着する明日 28日の午後からずっと晴れ基調で、29日、30日も「晴れ時々曇り」となっている。雪にならないだけでも十分にありがたいのに、晴れるというのだから文句ない。

まあ、晴れるとはいえ北海道のことだから気温は関東の真冬なみで、30日の最低気温は -2度という予報だ。しかしどうせ関東にいても「寒の戻り」なのだから、晴れてさえくれれば喜んで受け入れられる。

往復の飛行機は、時節柄、新千歳空港での乗り換えは避けて、羽田から女満別までの直行便を選んだ。ところが最初に予約していた便はコロナ騒ぎで運休になり、1本早い便に変更となってしまったため、ちょっと早めに出かけなければならない。まあ、それも我慢しよう。その分、いろいろ見物できるし。

というわけで、明日から 3日間は北国の人となるのでよろしく。

 

| | コメント (2)

2020/03/26

喫煙と、新型コロナウィルスの感染リスク

東洋経済 ONLINE が、喫煙者の新型コロナウィルス感染リスクが高いと伝えている(参照)。屋内の喫煙スペースがクラスター発生の原因となる可能性が高く、さらに喫煙者は非喫煙者に比べて重症化の確率が高いという。

200326

日本の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、「最も感染拡大のリスクを高める環境」として、① 換気の悪い密閉空間、② 人が密集している、③ 近距離での会話や発声が行われる - という 3つの条件を挙げている。この 3条件が同時に満たされると、感染リスクは最高度に高まる。

屋内の喫煙スペースは、まさにこの 3条件を同時に満たしている。さらに煙草を吸うために手を口にもってくるという動作も、感染リスクを高める。このため喫煙者の感染リスクは非喫煙者に比べて非常に高い。

感染リスクが高いばかりでなく、重症化リスクも高い。中国本土の患者 1099人の分析報告によると、非喫煙者の重症率が 14%なのに対して、喫煙経験者は 24%だった。つまり喫煙者は非喫煙者の 1.7倍重症化しやすいということになる。喫煙習慣が肺の機能を低下させるためとみられる。

また喫煙は肺の免疫機能も弱めるとみられている。つまり喫煙習慣はいいことがないというわけだ。

昨日の記事では、飲酒はやはり体によくないということについて書いたが、喫煙も同様によくない。私は図らずも 44年前に煙草を止め、最近は酒の量も極端に減っている。ということは、私の新型コロナウィルス感染リスクは、かなり低いようなのである。

 

| | コメント (4)

2020/03/25

酒はやっぱり体にはよくないらしい

「知識連鎖」というサイトに「酒は百薬の長は嘘・・・ そもそも由来は国による独占正当化の宣伝文句」という記事がある。酒は元々体にいいものではなく、「百薬の長」というのは中国の前漢の時代に、国が塩、酒、鉄の製造を独占してしまったことの正当化のために言い出したことらしい。

2003251

それが今でも尾を引いていて、「酒は飲み過ぎると毒だが、少量なら体にいい」という話になって、広く信じられている。しかし実際にはそんなことはなく、酒は少量でも体に毒というのが本当らしい。

それに関しては私も一昨年 8月に「やっぱり酒は体によくないらしい」という記事で、「1日に缶ビール 1本分以上のアルコールを摂ると、寿命は縮む傾向がある」とする英国での研究結果を紹介している。

「知識連鎖」でも、酒の適量ということに関する記事はあり、2017年 6月の「量のお酒は健康に良く長生きするは誤解 最適な飲酒量はいくら?」という記事では、「もっとも健康によい『適量の飲酒』は10日ほどで、ビールなら中ビン半分、日本酒なら0.5合程度だそうです」と書かれている。

これは「10日ほどで」ということだから、1日あたりの量に直すと、日本酒だと 9cc という「雀の涙」ほどにしかならない。要するに「酒は飲まない方がいい」ということになるようだ。

私自身は先月 5日の ”「エコ飲みー」って、結局何なんだ?” という記事で、「いつの頃からか、酒なんて飲まなくても全然平気なカラダになってしまった」と書いている。タバコも止めてから 44年になるから、私のライフスタイルはかなり健康的ということになってしまう。

私の父は酒は全然ダメで、その代わり 82歳で死ぬ 1年ぐらい前まで煙草を吸っていた。死因は肺がんだったが、死ぬ直前までピンピンしていたから、煙草さえ吸わなかったらもっと長生きしていただろう。

となると、私はいつ死ねるか知れたものではない。やれやれ。

 

| | コメント (6)

2020/03/24

マスク不足とトイレットペーパー不足の考察

新型コロナ騒ぎで、マスクだのトイレットペーパーだのが品薄になっている。どちらも一時は店頭から完全に姿を消していたが、トイレットペーパーはようやく出回り始めている。

200324

今でも入手しにくいのはマスクの方だ。仕事関係の会議の通知メールには、「必ずマスク着用、昼食、飲み物持参のこと」なんて但し書きが付けられているが、マスク入手はなかなか大変だ。最近は知り合いの洋裁の得意なオバサンが手作りのマスクを作ってくれたりする。

私は特定商品の「品薄」ということに関しては昔からかなり「眉唾」で眺める習性がついている。というのは大昔も大昔、1973年のオイルショック時に灯油配達のアルバイトをしていて、まさに業界の裏事情を身を以て知る経験をしているからだ。

それに関しては 2003年の「米不足」が騒がれた時期に、経験談として書かせてもらっている。 ”米不足の裏側” という記事だ。

1973年(大学 3年の頃)頃、燃料店でアルバイトをしていた私は、店主の指示で灯油隠しに加担させられていた。顧客には「仕入れが不足して・・・」なんて言いながら、実際には裏の倉庫に山と積んで隠していたのである。あれはイヤな仕事だったなあ。

流通のほとんど全ての段階でシーズン前半に「出し惜しみ」をし、裏にたっぷり隠していたのだから、最終消費者の段階までに十分に届くはずもなく、「深刻な灯油不足」なんて言われていたのである。しかしその出し惜しみも、シーズン後半までには続かなかった。

年が明けて 1月下旬頃になると「隠し在庫」がどっと出てきて、「幻の灯油不足」は一挙に解決したのだった。その数年後の「第 2次オイルショック」でも 2003年の米不足でも、事情は大体似たようなものだった。流通の各段階でチマチマ隠すからいけないのである。

今回の場合、トイレットペーパーに限っては、私は何も心配しなかった。あせった消費者が一時的に買いまくったせいで店頭在庫は出払っていたが、時が経てば回復すると見ていて、確かにその通りになった。逆に過剰反応の反動が出て、しばらくは需要が落ちるかもしれない。

ところが、マスクだけはちょっと問題だ。最近のマスクは 8割以上が中国からの輸入に頼っているらしく、今回の事情で確かに品薄には違いないようなのである。しかしそれもおっつけ解消するというから、あまりあせらない方がいい。「作れば必ず売れる」のだから、供給は確実に増える。

会議に出席するために早朝からマスクを買いに並ぶなんて消耗なことは、来月になればしなくて済むようになるだろう。

 

| | コメント (0)

2020/03/23

オリンピックの夢から、さっさと醒めよう

JOC 理事でソウルオリンピック女子柔道銅メダリストの山口香さんが東京オリンピックについて、「アスリートが十分に練習できていない状況での開催は、アスリートファーストではない。延期すべき」と発言したと伝えられている(参照)。私なんか、当然のお話だと思ってしまう。

200323

それに対して山下泰裕 JOC 会長は「JOC の中の人がそういう発言をするのは極めて残念」と述べたという(参照)。はっきり言って、何が残念なんだかさっぱりわからない。

山下さん、昭和天皇ご存命中に園遊会で「骨が折れますか?」と訊ねられ、「はい、2年前に骨折したんですけど・・・」なんて珍回答をしたほどで、かなり「天然なんとか」が入っている。余計なことは言わずにニコニコしていればいい役どころの人なんだろう。

予定通りのオリンピック開催では山口理事のおっしゃるように、選手のコンディション調整がメチャクチャになる。そんな中で無理をしたら余計な怪我の発生だって増えるだろうし、それどころか各国から選手がまともに派遣されない可能性だって高い。

さらに言えば、世界中で国境封鎖なんて言い出している現在から半年も経たないうちでは、外国からの観客だって来ないだろう。というか、むしろ来てもらわない方がいい。

私なんか、個人的には東京オリンピックにはほとんど無関心で、「中止」でもいいとさえ思っているのだが、さすがにそれはないだろう。しかし「延期」は当然の選択肢で、予定通りに開催するという方がよほど無茶な話だというのは、ごく普通に考えるだけでわかる。

まあ、それを率直に言い出すと、バックヤードでは放映権やらなんやらのからみで、生臭い話になるのだろうが、もう頬被りしている段階ではない。ニコニコしているのが仕事の人はずっとニコニコしながら、成り行きに従ってくれればいい。

そんなこんなで、自分のブログを「東京オリンピック」というワードで検索してみると、"2020年は「壮大な終わり」の確認の年になりそうだ" なんていう暗示的なタイトルの記事が見つかった。

とはいえすべて終わり尽くさないように、前もって多くを諦める必要がある。オリンピックの夢からは醒めた方がいい。

 

| | コメント (4)

«新型コロナって、そんなに遠い話でもなくなってきた