« 「蒔かぬ種は生えぬ」 なんて誰が言ったものか | トップページ | 危篤の知人を見舞った »

2002年7月10日

台風である

台風である。パソコンに向かう背後の窓に、大粒の雨粒が横殴りに叩きつけられている。
7月の台風首都圏上陸は5年振りだそうだ。
天気が悪いことと相関関係にあるわけではなかろうが、今日はパソコンが非常に重い。スキャンディスクをしなければ。

|

« 「蒔かぬ種は生えぬ」 なんて誰が言ったものか | トップページ | 危篤の知人を見舞った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「蒔かぬ種は生えぬ」 なんて誰が言ったものか | トップページ | 危篤の知人を見舞った »