« 台風である | トップページ | スピリチャル志向 »

2002/07/11

危篤の知人を見舞った

夕刻、危篤の知人を見舞った。既に意識はなく、機械で送り込まれる空気で、胸だけが妙に規則正しく動いていた。
死に行く人を見るのは悲しい。しかし、人は必ず死ぬ。
現象としての死を超えるスピリチャルな存在を、きちんと考えなければならない。

|

« 台風である | トップページ | スピリチャル志向 »

哲学・精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風である | トップページ | スピリチャル志向 »