« サメとお金は泳ぎ続けないと死ぬ | トップページ | 「聞く耳」は大事 »

2002年8月 9日

コミケットに注目

今日から有明のビッグサイトで 「コミックマーケット」 が始まった。漫画の同人誌展示即売会である。

たかが漫画と馬鹿にしてはいけない。日本中のオタッキーが少なく見ても20万人以上の規模で押し寄せるのだ。

このイベントは通称 「コミケット」 または 「コミケ」 とも言う。ビッグサイトではいろいろなイベントが開催されるが、これほどまでに動員力があり、しかも来場者が熱っぽくコアな催しを私は知らない。

ここに集まるオタクたちは、とても静かで平和的である。決して騒がず、暴れたりするようなことはない。そのくせ、妙に情熱的で、自分のヒイキの出展者が何番のブースにいるかは、来る前からすべて調べ倒しているのである。 その上、彼らは我慢強い。この炎天下、周囲の馬鹿でかいビルと広大な空き地を何周も回って延々と続く列の中で、黙々と入場までの時間を耐える。

普段は太陽の光など決して浴びることなく、暗い蝋燭の下でボロボロになった 『エヴァンゲリオン』 の単行本を読み、口の端からよだれを垂らしているであろう、この少年少女たちが、熱中症にもかからずにいられるのは、一重にその漫画に対するシンパシーの高さゆえであろうと感心するのである。

ここに集まったアマチュアの中から、きっと未来の一流漫画化が輩出するのだろう。

自分では決して会場に行きたいとは思わないが、外部から注目し続けたいイベントではある。

|

« サメとお金は泳ぎ続けないと死ぬ | トップページ | 「聞く耳」は大事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サメとお金は泳ぎ続けないと死ぬ | トップページ | 「聞く耳」は大事 »