« 濃霧の中の点灯 | トップページ | 「制度」 の廃止は作るより手間がかかる »

2002年10月28日

100人の村と「バタフライ効果」

「もし日本が100本の超高層ビルでできた村だったら、そのうち38本は○○建設」 というCMがあるが、超高層ビルが100本もあったら、そりゃ、「村」じゃなくて、「大都会」 だろうと突っ込みたくなるのは、私だけではなかろう。

最近、やたらと 「世界が (もしくは日本が) 100の○○でできた村だったら …… 」 というレトリックが流行っているが、こういうのは、最初にインターネットで広まった 「アレ」 の、しみじみとした感慨を損ねてしまうような気がする。

なにしろ、世界が100人の村だったら、パソコンを持っているのはたった 1人なのだそうだから、こうしてインターネットで情報発信しても、世界の 1%以下の人にしか伝わらないのである。それを考えると、つい、視点が定まらなくなってしまう。

とはいえ、この世には 「バタフライ効果」 というものもあって、蝶々が羽ばたくことによって、遠く離れた地域の天気にさえ影響を与えることができるというのだから、気長に情報発信をし続けよう。

|

« 濃霧の中の点灯 | トップページ | 「制度」 の廃止は作るより手間がかかる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 濃霧の中の点灯 | トップページ | 「制度」 の廃止は作るより手間がかかる »