« 並んででも食べたい「あらきそば」 | トップページ | 濃霧の中の点灯 »

2002年10月26日

「正義」 に楯突いた山本夏彦氏

山本夏彦氏が亡くなった。週刊新潮を立ち読みする理由が、一つ減った。

「正義」 に楯突くコラムが好きだった。私は勝手に 「現代の悪人正機説」 と思っていた。

山本氏が楯突いたのは、「正義」 という名の 「衆愚」 であったのだが、彼自身は 「衆愚」 の産物であるから 「いわゆる正義」 を嫌うのであるとは、一言も言わなかった。

ただ 「正義」 は嫌いと言い切っていたのみである。誤解を恐れぬその態度は、小気味よい。

親鸞は 「善人なほもて往生を遂ぐ、いはんや悪人をや」 と言った。

「善人」 とは、自分で自分を疑いもなく 「正しい人」 と思っている人である。他人から非難されると怒る人である。感謝されないと怒る人である。他人が自分より報われると怒る人である。

確かに、「正義」 ほど扱いづらいものはないのである。

|

« 並んででも食べたい「あらきそば」 | トップページ | 濃霧の中の点灯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 並んででも食べたい「あらきそば」 | トップページ | 濃霧の中の点灯 »