« 車と新幹線自由度の高さで車の勝ち | トップページ | 中国の経済成長と自然破壊 »

2002年11月25日

物騒な世の中

今日の午後、東京駅の八重洲口で男性二人が銃で撃たれ、一人が死亡したというニュースがあった。

10数年前、ニューヨークのホテルロビーで、目の前で人が撃ち殺されたのを思い出した。

東京もニューヨークなみに治安が悪くなってきたのだろうか。本当に物騒な世の中である。

テレビドラマの拳銃の音は 「バキューン」 と聞こえるが、実際には 「パン、パン」 というとても乾いた音だ。咄嗟には間近で人が撃たれたとは思えなかった。ところが、音のした方をみると、顔に小さな穴があいて、そこから血を流して目を開けたままひっくり返っている人がいた。

私は自分でも不思議なほど冷静に反応した。ごく自然にその場を離れ、エレベーターに乗り、自分の部屋に戻った。居合わせた他の人たちも、別段悲鳴を上げるでもなく、皆淡々とその場から避難した。しばらくして、ポリスカーの到着する音が聞こえた。

この光景は、今思い返しても、まったく現実感が伴わない。夢でも見たのではないかと思うほどだ。翌日のニューヨークタイムズの紙面にも、この殺人事件のニュースは載らなかった。あの程度では、別に大したニュースではなかったらしい。

人の死は、特別なことではなく、常にその辺に転がっている。

|

« 車と新幹線自由度の高さで車の勝ち | トップページ | 中国の経済成長と自然破壊 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車と新幹線自由度の高さで車の勝ち | トップページ | 中国の経済成長と自然破壊 »