« 山本夏彦氏の著書 | トップページ | 「シナプス」 がつながる »

2002/11/05

電報は「ハレ」 の メディア

今日は「電報の日」 なのだそうだ。電報を申し込むときの電話番号 「115」 にちなんで決まったらしい。

電報は実用性なんてとっくに失われているのに、しぶとく生き残っている。

私が人生で最初に触れた電報は、小学校 6年生で新潟地震に遭ったとき、北海道に単身赴任していた父から来た 「ブジカ シラセヨ」 というものだった。なるほど、電文とはこのように簡潔にするものかと、妙に感動したことを憶えている。

祖父はやはり電報で 「ミナブジ アンシンセヨ」 と返事を出した。子供心に、「ミナブジ」 とさえ聞けば安心するのだから、後の 6文字は余計じゃないかと思ったが、25文字以内なら料金は同じと聞いて納得した。

我ながら、ヒネたガキだった。

今や、電報の実用性は失われても、結婚式の祝電や、葬式の弔電など、どうしても FAX では代用できないものとして、存在意義を残している。NTTも、それらしく趣向を凝らした外装で、うまくマーケティングしている。

FAXが日常に使われる 「ケ」 のメディアとすれば、電報は 「ハレ」 のメディアなのだろう。なぜ 「ハレ」 なのかといえば、それは 「不便」 だからとしか言いようがない。

世の中 「便利」 ばかりになると、「不便」 が価値になるのである。

|

« 山本夏彦氏の著書 | トップページ | 「シナプス」 がつながる »

世間話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山本夏彦氏の著書 | トップページ | 「シナプス」 がつながる »