« 犬の気持ちが本当にわかるのか? | トップページ | 車と新幹線自由度の高さで車の勝ち »

2002/11/23

楽な親孝行をさせてもらった

酒田に来ている。11月下旬にもなると、東北の日本海側はどんよりとした空が常になるが、今日は雪をまとった鳥海山が、快晴の空を背に鮮やかに立った。

父は 「天気を連れてきてくれた」 と喜んでくれた。

天気が好かったのは偶然の産物だが、それを喜んでもらえたのだから、運がよかったといえるだろう。誰かの心がけが良かったとすれば、私よりは父の方に違いない。

母の具合は相変わらずで、毎日を介護に費やす父の負担は相当のものだ。だから、母の介護を妻に任せ、私は父の話し相手をしている。それだけで、父は 「久しぶりで楽しかった」 と言ってくれる。こんなことが親孝行になるなら、いつでもOKだ。

今回は雪が降ってはたまらないので、車ではなく、久しぶりで新幹線に乗ってやってきた。冬の間は何度か新幹線を使わなければならないだろう。

|

« 犬の気持ちが本当にわかるのか? | トップページ | 車と新幹線自由度の高さで車の勝ち »

庄内の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬の気持ちが本当にわかるのか? | トップページ | 車と新幹線自由度の高さで車の勝ち »