« 政治の世界はラッシュアワーの電車以下 | トップページ | ネスケ 7.0 はいい »

2002年12月 3日

洒落の通じない世の中

やや旧聞めくが、10月24日の本欄に書いた遠野の河童は、日テレの 「ヤラセ」 とわかり、「電波少年」 は非難ゴウゴウだそうだ。

なんと洒落の通じない世の中になってきたものではないか。

鳩山由紀夫氏の講演会にママさんコーラスを乱入させたのもこの番組で、これは鳩山氏が烈火のごとく怒って、放映は中止になったそうだ。

鳩山さんも、もう少し洒落のわかる人だったら、今回のような失態は演じなくて済んだだろうに。歌が終わったところで、コーラスの一人一人と笑顔で握手でもしてみせる余裕があったら、きっと株が上がっていただろう。惜しいチャンスを逃したものだ。

どうせ下らない番組なのだから、マジに怒ったらそれこそ 「無粋」 のきわみである。日本人は 「無粋」 は好きじゃないのだ。

遠野の河童騒動では、地元の人は 「遠野の河童は顔の赤い 『赤河童』 だから、あれとは違う。初めからわかってたよ」 と余裕を見せているそうだ。それでこそ大人というものだ。

|

« 政治の世界はラッシュアワーの電車以下 | トップページ | ネスケ 7.0 はいい »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政治の世界はラッシュアワーの電車以下 | トップページ | ネスケ 7.0 はいい »