« 師走と別次元の時間 | トップページ | 洒落の通じない世の中 »

2002年12月 2日

政治の世界はラッシュアワーの電車以下

世の中の問題は、傍からだとよく見える。「こうすれば、簡単に解決できるのに」 と思えるが、渦中の当事者たちにはそれがわからない。

だから、世の中は一足飛びには良くならない。改革には時間がかかる。

ラッシュ時の電車の中を思い浮かべるといい。どっと乗り込んできたばかりの乗客たちの多くは、かなり無理な体勢である。そのままの姿勢が続いたら、相当しんどいだろう。

しかし、電車の揺れに身を任せているうちに、押し合いへし合いの阿
鼻叫喚も自然にバラけてくる。お互いに、ほんの少しずつ譲り合っているうちに、誰がリードしたわけでもないのに、落ち着くべきところに落ち着くのである。

もし満員電車の中で、誰かが上から眺めて 「はい、そこの黒いコートの人、半歩右に! そのとなりの人、右に向きを変えて!」 などと 「指導力」 を発揮して
も、誰も言うことをきかないだろう。

よしや全員が指示に従ったとしても、結果がうまく行くとも思えない。
 現実の社会もそんなものだと思えばいい。

誰がどうこうしたわけでもないのに、自然に落ち着くところに落ち着くのでなければ、世の中というのはまともには動かないもののようだ。

最近の民主党を見ていると、どっと乗り込んできたばかりの乗客同士の、押し合いへし合いにしか見えない。実際には乗り合わせてから相当の時間が経っているのに、まだ押し合いへし合いしている。

自然の譲り合いをしないで、肩肘張って突っ張るからである。政治家は、ラッシュアワーの乗客以下と言われても、反論できない

|

« 師走と別次元の時間 | トップページ | 洒落の通じない世の中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 師走と別次元の時間 | トップページ | 洒落の通じない世の中 »