« すばやいメモの取り方 | トップページ | ポカポカ陽気は一時的 »

2003年1月15日

パン屋のお金とカジノのお金

「モモ」 の作者 ミヒャエル・エンデによると、「パン屋のお金とカジノのお金は違う」 のである。

つまり、純粋な交換手段としてのお金と、投機目的のお金とは、同じお金でも性格が違うのだ。

誰もがそう思っていても、普通の経済学では 「どちらも同じお金」 として片付けられてしまい、言い出せないでいる。しかし、やはり、全然違うのだ。

例えば、バブル経済の頃、私は自分の住んでいる土地の値段が上がっても、まったくうれしくなかった。ずっと住み続けるために購入したのであり、売って儲けようなどという気が毛頭ないのだから、地価が上がっても、支払う税金が上がるだけだ。

多くがこんなノホホンとした考えだったら、バブル後遺症はこれほどひどくはならなかったかもしれない。

土地だけではない。絵画も美術品も、ゴルフの会員権も、本来の目的ではなく、投機目的のために途方もない値段で取引された。実際の価値とはかけ離れた幻の値段が、元に戻っただけである。マグロの値段でパンを売ろうとしたのが、そもそもの間違いのもとだったのだ。

|

« すばやいメモの取り方 | トップページ | ポカポカ陽気は一時的 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すばやいメモの取り方 | トップページ | ポカポカ陽気は一時的 »