« 知らずに犯す罪 | トップページ | すべての戦争は 「各論」 »

2003年3月18日

戦争では誰も勝たない

"Nobody wins a war." (戦争では誰も勝たない)

これは私が 3度目に行った1983年の米国で、最も印象に残ったフレーズである。ホテルの黒人のメイドのおばちゃんが言った言葉だ。

83年の10月、ベイルートでテロリズムがあった。爆弾を満載したゲリラのトラックが、米軍基地に突っ込んだのだ。そのニュースを、米国のテレビニュースは何度も繰り返した。息子を殺された母親が涙で語る同じ場面を、何度も見た。

私の部屋のシーツを変えてくれたメイドは、「ベトナム戦争の日々には戻りたくない」 と嘆いた。そして言った。

"Nobody wins a war." (戦争では誰も勝たないのよ)


米国への 3度目の取材旅行で、この言葉が一番心に刻み付けられたのは皮肉なことだった。そして思えば世界人類はこの20年間、何も進歩していないのだ。

20年前に書いたショートショートを、「知のヴァーリトゥード」 に載せておいた。お暇があったら、ぜひ読んでいただきたい。

|

« 知らずに犯す罪 | トップページ | すべての戦争は 「各論」 »

ちょっといい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知らずに犯す罪 | トップページ | すべての戦争は 「各論」 »