« 戦争では誰も勝たない | トップページ | 世界一おもしろいジョーク »

2003年3月19日

すべての戦争は 「各論」

総論として言えば、戦争に賛成する人は少ないに決まっている。

では、なぜ人類は戦争を繰り返すのか? それは、すべての戦争は 「各論」 として遂行されるからである。「総論反対、各論賛成」 になるのである。

これまで 「反戦運動」 が実を結んだ例がないのは、すべての 「反戦運動」 は 「総論的」 だったからである。抽象的な 「総論」 は、具体的な 「各論」 の前では、ムード的な力しかもてなかった。

なぜ、「各論」 にまで降りると、人は 「戦争賛成」 になるのか。それは、人は結局、物質的な 「富」 を求めるからである。「富」 は有限だから、奪い合いをしなければ十分には得られないという 「幻想」 を抱いているのである。

これが 「幻想」 であるのは、明らかである。奪い合って得た 「富」 は、分かち合って得た 「富」 よりも常に 「貧しい」 のである。それは、「奪い合い」 という行為には、確実に 「破壊的」 な要素が含まれるからだ。「分かち合い」 は生産的な行為だから、その過程で必ず 「富」 は増殖されるのである。

「幻想」 から覚めてみると、実は奪い合いさえしなければ、世界の 「富」 は無限なのだ。

|

« 戦争では誰も勝たない | トップページ | 世界一おもしろいジョーク »

ちょっといい話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦争では誰も勝たない | トップページ | 世界一おもしろいジョーク »