« 極私的ジャニス論 | トップページ | ウェブログと、魂の喪失感 »

2003/05/05

皆で馬鹿になって笑う

突然だが、笑いの原理というのが、西洋と日本では違うのだと思う。

西洋は論理で笑う。笑いの論理モデルというのがいくつがあって、そのバリエーションを作って笑いを取るのが、西洋の笑いだ。

パーティ・ジョークというのは、必ず論理がベースになっていて、その論理を半ば骨抜きにしたところで笑いが生じる。例えばこんなユダヤ・ジョークがその典型だ。

  アブラハム・コーエンが林の中を歩いていると、川におぼれそうになっている男がいたので、必死に泳いで助けた。

助けてみると、おぼれそうになっていた男は、アドルフ・ヒトラーだった。

ヒトラーは 「助けてくれてありがとう、お礼に何でも希望を聞いてあげよう。何が希望かね」 と言った。

コーエンが言ったのは、「どうぞ、私があなたを助けたということだけは内密に」
 

もろに論理である。

日本の玉川カルテットの 「金も要らなきゃ女も要らぬ、わたしゃも少し背がぁほしぃ~い」 とはまったく異質の笑いである。

西洋の笑いは、「何でおかしいかというとね …… 」 と論理的に説明できる。(もちろん、説明してしまっては台無しだが)

ところが、日本の笑いは論理的に説明しても、なんでおかしいかわからない。そもそも論理的でないのだから、論理的に説明できない。

西洋の笑いは利巧な人でないと笑えない笑いだが、日本の笑いは、皆で馬鹿になって笑う笑いである。アメノウズメノミコトの天岩戸の前の踊りで、八百万の神々が笑った (古事記の表記では、「わらひき」 の字に 「笑」 ではなく 「咲」 の字が当ててあるのだが) 時代から、皆で馬鹿になって笑っていたのである。

皆で馬鹿になるには、相当にシンクロされた意識をもっていなければならない。日本人のメンタリティの宝はそれである。

|

« 極私的ジャニス論 | トップページ | ウェブログと、魂の喪失感 »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極私的ジャニス論 | トップページ | ウェブログと、魂の喪失感 »