« 大通智勝の公案 | トップページ | 気が遠くなるほどの長い時間 »

2003年5月11日

蕎麦を食う時の音

蕎麦は音を立てて食うものとされ、蕎麦屋の品書にも 「盛大な音を立ててお召し上がりください」 など書いてあったりする。

しかし、それについては、私はずっと 「いかがなものか」 と思っていた。何も 「盛大な音」 なんか出さなくてもいいではないか。

これに関して、かの杉浦日向子さんが 「もっとソバ屋で憩う」 (新潮文庫) という本の中で納得できる解説をしてくれている。

杉浦さんによると、「ソバをズズッとあからさまな音をたてて食べるようになったのは、どうやらラジオ普及以降のことらしい」 というのである。

蕎麦関連の落語をラジオで演じた際に、噺家がオーバーな音を立て、それを聞いた人たちまでが真似だしたというのが真相らしい。彼女は、従来、わが国では概ね 「濁り」 を忌み、「つるつる」 はいいが、「ずるずる」 は下品とされてきたので、普通は唇をすぼめて食べていたとしている。

しかし、新そばの時期 (11月から3月) までのみは、「聴くや善い」 = 「菊弥生」 といって、新そばの香りを口腔から鼻腔に増幅するために、ズズッとすするのが公認されていたらしい。高座のそばは新そばの作法であったようだが、通年の慣習として定着してしまったと、杉浦さんは推理しておられる。

蕎麦を無音で食うというのも気味が悪いものだが、かといって、盛大な音を立てるのが粋というわけでもないようなのである。ごく普通に慎ましい音をさせるのがよろしいのではないかと思う。

|

« 大通智勝の公案 | トップページ | 気が遠くなるほどの長い時間 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大通智勝の公案 | トップページ | 気が遠くなるほどの長い時間 »