« 時差ぼけの考察 | トップページ | スローフードを見直した »

2003/06/12

米国人の返品事情

今日の夕方シカゴを立って、夜のサンフランシスコに着いた。そのままホテルの部屋から原稿をメールで送ったので、街には一歩も出ないうちに夜中になってしまった。なんだかもったいない気がするが、仕方がない。

ところで、このホテルは全館 LAN でネットワークされているので、快適に接続できている。

ニューヨーク、シカゴでは、アナログ接続で、しかも 56Kb のモデムを積んでいるのに、せいぜい 36Kb のスピードしか出なかったので、かなりイライラしてしまった。

ここはさすがに、シリコンバレーに近い土地柄のおかげか、ホテルの部屋でブロードバンドを使えるというのはありがたい。24時間で9ドル95セント (およそ1,200円) だが、アナログで接続してもプロバイダの接続料が 1分 10円かかり、その上にホテルの電話回線使用料が 2ドル近くかかるのだから、あまり惜しいという気はしない。

米国では、かなりインターネットが一般化していて、ウェブでの買い物も普及している。こちらは土地が広大で、田舎といったら本当に田舎だから、昔からカタログ販売が発達した。その感覚をそのままウェブ販売にも持ち込んでいるので、抵抗がないのだそうだ。

私は靴だの服だのまでインターネットで買う気はしないが、こちらの人は、「サイズが合わなかったら返品すればいいだけのこと」 と割り切っているので、どんどん買ってしまうのだそうだ。

なるほど、こちらの通信販売の返品に関する規定は、おどろくほど寛大だ。これだけ寛大な規定だと、売る方は大変だと思っていたのだが、寛大だからこそ、安心して買い物できるので、結局売り上げも伸びるのだろう。

ただし、日本人は返品しやすいシステムとは言っても、そう気楽に返品しようという気には、ならないだろう。どうしても少々気がとがめる感じがする。

こうしてみると、買い物という行為も、もろに文化に規定されている。

|

« 時差ぼけの考察 | トップページ | スローフードを見直した »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時差ぼけの考察 | トップページ | スローフードを見直した »