« 時間の止まる夏 | トップページ | 「がんす」 と 「のぅ」 »

2003年7月29日

「恋人」 と 「愛人」

先日の NHK山形の 「爆乳キャスター」 さん関連で、書こう書こうと思いながら忘れていたネタを、今日書かせていただく。

早稲田小劇場の鈴木忠志氏が30年近く前、大学の授業で突然 「君たち、田中角栄のお妾さんを何と言う?」 と言い出した。

彼は週一の非常勤講師として、「演劇における身体性」 の講義を受け持っていた。楽しみな講義だった。

話を元に戻すが、彼は、田中角栄のお妾さんを 「愛人」 と言ってしまっては、ちょっと違うだろうというのである。

「これが、ジスカール・デスタン (当時のフランス大統領: 貴族の出) だったら、どうなると思う?」 彼は言った。「フランス人なら、ためらわず 『恋人』 と表現するだろう」

「庭でステテコはいて鯉に餌やってるおっさんのお妾さんは、『恋人』 という感じではないなぁ」
「いや、それは偏見ではないか?」
「恋人と愛人は、どう違うんだ?」
「独身なら恋愛の相手は 『恋人』 だが、浮気の相手は 『愛人』 だ」
「ならば、独身は恋して、妻帯者は愛するとでもいうのか?」
「愛人の方が、淫靡だ」

議論百出した。

いえることは、フランスだったら、柱谷氏は監督を辞めなくて済んだだろうということだ。アメリカなら、やっぱり辞めることになるかもしれないが。

アメリカは、ピューリタニズムが案外幅を利かせているが、フランスは色恋沙汰では野暮は言いっこなしよという感覚がある。日本の場合は、その場その場の雰囲気だ。恋人だったり、愛人だったり、お妾さんだったりするので、一概に決め付けられないのだろう。

|

« 時間の止まる夏 | トップページ | 「がんす」 と 「のぅ」 »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間の止まる夏 | トップページ | 「がんす」 と 「のぅ」 »