« 無理偏にげんこつ | トップページ | 「ゾッキ」 という言葉 »

2003年8月19日

ポカリスェットの味

30年近く前、広告代理店にいた頃、「ポカリスェット」 の試作品の試飲をさせられたことがある。

4~5人ぐらいで別の会議をしていた時に、「画期的新製品だから、ちょっと皆で飲んでみてよ」 と言われて、神妙に味見をした

当時はアイソトニック飲料なんてものは他になかったので、第一印象は変てこりんな味だった。そこで、こんな会話になった。

「どう、おいしい?」
「いや、まずいね」
「 …… いや、これはね、そういうんじゃないのよ。発汗で失われた体内の成分を補うための健康飲料だからさぁ」
「フーン、だからまずいんだ」
「いや、だからさ、うまいまずいで飲むもんじゃないのよ」
「それで、まずいのね」
「違うんだってば、だから、うまいまずいより、健康にいいのよ」
「それでまずいわけだ」
「そうじゃないんだってぇ」
「でも、まずいよ」

と、完全にかみ合わない会話に終始してしまった。

あの時、あんなに変てこりんな味に思われたポカリスェットも、今では完全に定番飲料となり、皆、抵抗なく飲んでいる。私も二日酔いの時なぞによく飲む。

思えば、初めてコーラを飲んだ時は、もっと変てこりんな味に感じられた。味覚というのは、慣らされてしまうものである。

|

« 無理偏にげんこつ | トップページ | 「ゾッキ」 という言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無理偏にげんこつ | トップページ | 「ゾッキ」 という言葉 »