« 高校野球とギャンブル | トップページ | PC の速さへの要求 »

2003/08/09

「腑に落ちる」

「腑に落ちない」 という日本語がある。表面的には辻褄が合っているが、どうも納得できないというようなニュアンスだ。

理解というのは、理屈でできるが、最終的には 「腑に落ち」 て 「身体化」 されるところまで行かないと、「納得」 はできない。

国語辞書をみると、「腑に落ちない」 という用例は載っていても、「腑に落ちる」 という言い方は見当たらない。だが、私は 「腑に落ちる」 という実感を大切にしたいと思っている。

理屈を積み重ねることによる理解は、そのプロセスをきちんと踏まないと得られない。しかし、「腑に落ちる」 ということによる 「納得」 は、ある日突然訪れる。それは直観的なものだからだ。

仏教の教義を網羅した 『大蔵経』 を読破したとしても、悟れないものは悟れない。しかし、たった一言で悟りを開くものもある。

昔、中国で若い新参の僧が名高い逍州和尚に指導を仰いだところ、「朝食はとったか」 と聞かれた。「とりました」 と答えると、「それでは、食器を洗え」 と言われた。

若い僧は、それだけの問答で悟るところがあった。 「飯を食ったら、器を洗う」 という当たり前の行為の中に、宇宙森羅万象の真理を見出したのである。これが 「腑に落ちる」 ということだ。

そこに至るまでは参禅し、作務をするという日常の積み重ねがあったのである。ある種の 「準備」 が整うと、インスピレーションは瞬時に与えられる。

|

« 高校野球とギャンブル | トップページ | PC の速さへの要求 »

言葉」カテゴリの記事

哲学・精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高校野球とギャンブル | トップページ | PC の速さへの要求 »