« 田舎ぐらし | トップページ | まっとうな論理が通らないわけ »

2003年9月 9日

エスカレーターの乗り方

博多に来ている。博多の人は、エスカレーターに乗るとき、きちんと片側を空けて、急ぐ人が歩いて上れるよう配慮している。

大阪もこれについては徹底している。エスカレーターの乗り方では、全国の大都市で一番気の利かないのが、東京である。

自分の前のステップの片側だけがふさがり、片側がガラリと空いているという光景を目前にして、自分が何かヤバいことをしているのではないかと訝しく思わないのは、よほど鈍い人である。東京にはそうした鈍い人がかなりの頻度でいる。大阪でこれをやったら、ヒンシュクものである

しかし、私は面白いことに気がついた。これまでは、西日本ではエスカレーターの左側を急ぐ人のために空けて、右側に乗るものだと思っていたのだが、博多では、東京と同じく、左側に乗って右側を空けている。

どうも、左側を空けるのは、関西特有の風習らしい。

以前、人間の自然な感覚では、左側に位置しやすいという説を紹介したことがある。東京では、エスカレーターでは立ち止まるのが普通なので、自然な感覚として、左側に乗り、右側を空ける。しかし、大阪では、エスカレーターを駆け上るのが普通の感覚なので、エスカレーターで立ち止まるなどという 「普通でない」 人は右側に追いやるという仮説である。

この仮説に従うと、北九州の人は、大阪人ほどのイラチではないようなのである。

|

« 田舎ぐらし | トップページ | まっとうな論理が通らないわけ »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 田舎ぐらし | トップページ | まっとうな論理が通らないわけ »