« スカートをはく男たち | トップページ | 恐るべし、フラクタル »

2004年1月13日

成人式の馬鹿馬鹿しさ

私は成人式というものに出席したことがないので、昨今の成人式に関する話題が、今イチ腑に落ちないのである。

成人式に出なければ成人としての権利が与えられないというわけじゃあるまいし、そんなにつまらない催しならば、わざわざ出かけなければいいだけの話ではないか。

初めからつまらないとわかっている催しにわざわざ出かけて、つまらないと文句を言う神経がわからない。わざわざそんな中でケータイや私語のしまくりでヒンシュクを買い、馬鹿扱いされて何とも思わない神経もまたわからない。仲間内で集まって騒ぎたいというのなら、自治体の主催する成人式なんかパスして、二次会だけやればいい。

とは言いながら、今日の川崎市の成人式のニュースには笑ってしまった。同市の 「成人の日を祝うつどい」 で、新成人代表の男の子 (あえて 「男の子」 と言う) が演説用テーブルに土足で上がり、「議員の紹介が長くて選挙目当ての式。市長の話なんかみんな聞いていない」 とあいさつしたという。確かに、市長らのあいさつと、国会議員、県議、市議、市幹部ら約50人の紹介が延々と続いたのは本当らしい。 演説用テーブルに土足で上がったのは穏やかでないが、言ってることは、至極もっともである。まあ、そんなことは元々わかっていたことではあるが。

式の後、この男の子は別室に呼ばれ、来賓議員たちから 「どうけじめをつけてくれるんだ」 「謝ったって、取り返しがつかねえんだよ」 とつるし上げられ、謝ったというのだが、謝るくらいなら最初からおとなしくしておけばよかったのだ。やってしまった以上は、最後まで突っ張ってもらいたかった。結局、その場の雰囲気でつい言ってしまっただけで、確信犯ではなかったのか。それにしても、ニュースで読む限り、来賓議員の怒り具合の方がずっとガラが悪いような気がしないでもない。

これぼどまでに馬鹿馬鹿しい要素の多い、ほとんど無意味なセレモニーではあるが、廃止ということにはならないだろう。廃止されたら、着物屋に大きな打撃となる。存続してもらわなければ、商売あがったりだ。成人式は和装業界と、振り袖を着てみたい女の子 (あえて 「女の子」 という) のためにあるのかもしれない。

|

« スカートをはく男たち | トップページ | 恐るべし、フラクタル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカートをはく男たち | トップページ | 恐るべし、フラクタル »