« 新しいパソコン | トップページ | 写真というメディア »

2004年3月 7日

過去形の婉曲表現

先日の 「トレビアの泉」 で、「山形県の村山地方では、電話で名乗る時 『○○でした』 と過去形で言う」 というのが出ていた。

私は同じ山形県でも庄内出身なので、さすがに 「~でした」 とは名乗らないが、何となく雰囲気はわかるような気がする。丁寧な言い方では、過去形で婉曲表現するのだ。

例えば、庄内地方でも他所の家を訪ねて、玄関先で 「おいでですか?」 と聞く際には、「いましたが?」 と過去形で聞いたりする。

庄内では 「おいでですか?」 なんていう洒落た表現はないので、「いるか?」 と聞くことになる。それを庄内弁では 「いっが?」 という。しかし、さすがに 「いっが?」 ではぞんざい過ぎるニュアンスなので 「いっだが?」 (いたか) と過去形で聞く。実際の感覚では、過去形というよりは、過去完了進行形である。前からずっと居て、今も居るかという感覚だ。この感覚が根底にあることをまず押さえておいていただきたい。

そしてさらに、庄内弁では 「です、ます」 は比較的新しい表現なのである。おそらく、明示以後の国語教育で初めて知った表現だろう。それ以前は、「ござります」 の訛りで 「がんす」 と言っていた。映画 「たそがれ清兵衛」 でも多用されていた。鹿児島弁では 「ごわす」 と言うところである。

だから、「です、ます」 はどちらかというと、かなり他所行きの表現である。あまり生活の中に深く根ざしていない。そこにもってきて、他人の家に訪問する時には、「いますか?」 ではあまりにもきつ過ぎる気がする。何しろ、庄内弁オリジナルでも、「いっが?」 ではなく 「いっだが?」 と過去形で聞く感性がある。そこで、婉曲表現として 「いましたが?」 になる。

おそらく、村山地方の電話での名乗り方も、「○○です」 ではちょっときつ過ぎる気がして、「○○でした」 に落ち着いたのだろうと思われる。英語だって、「~したい」 と丁寧に言うときは "I would like to ..." と未来形の過去分詞なんて、七面倒くさい用法が一般的じゃないか。

|

« 新しいパソコン | トップページ | 写真というメディア »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいパソコン | トップページ | 写真というメディア »