« 暑さ寒さも彼岸まで? | トップページ | CM に登場する責任 »

2004/03/22

「ドリフ以前」 と 「ドリフ以後」

周囲で、いかりや長介さんの逝去への反応があまりにも大きいので、「ドリフ世代」 って多いんだなぁと思った。

実は、私自身は 「クレイジーキャッツ」 世代なので、ハナ肇さんの死の方が衝撃的だった。「全員集合」 最盛期の頃は、テレビなんか持ってなかったし。

「8時だよ全員集合」 は、視聴率が 50%を越す怪物番組だったらしいが、本当に不思議なほどに、私にはドリフターズに対する思い入れが欠如している。今、改めて調べたら、「8時だよ全員集合」 は、昭和 44年から 16年間放送されたということになっている。私が上京して、テレビなしの一人暮らしを始めたのは昭和 46年だから、2年間は実家で見ていてもよさそうなものだが、あまり鮮明な記憶がない。きっと、この頃は夜遊びばかりしていたので、家でテレビなんか見てなかったのだと思う。

東京で一人暮らしを始めてからは、昭和60年まではテレビなんか持たなかったので、「全員集合」 にはほとんど接点がなかったことになる。私にとってのこの頃は、テレビ的には 「失われた 15年間」 なのである。

私と同世代の中でも、自分を 「ドリフ世代」 と思っているのは結構いて、彼らの中には 「ウルトラマン」 「仮面ライダー」 「マジンガーZ」 「ガンダム」 などのヒーローオタクも多いのだが、このあたりのことは、私には完璧に 「管轄外」 である。

こうしてみると、「ドリフ」 はテレビの創生期から成熟期に移る時期の、重要な役割を果たしたのだと思う。「ドリフ以前」 と 「ドリフ以後」 という区分があってもいいかもしれない。その意味で、私にとっての最高のテレビ番組は、今でも 「シャボン玉ホリデー」 であり、「夢で逢いましょう」 であり、「若い季節」 なのである。それ以後は、私はラジオの人になってしまったのである。

|

« 暑さ寒さも彼岸まで? | トップページ | CM に登場する責任 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さ寒さも彼岸まで? | トップページ | CM に登場する責任 »