« 広東語では愛は語れない? | トップページ | ワームとスパム »

2004年4月21日

「ポルシェ」 というお店

「ポルシェ」 というのは相当にこだわりのあるブランドであるらしい。メルセデス・ベンツのオーナーは今やそこら中にいるが、ポルシェのオーナーとなると、別だ。

最近、近所に 「ポルシェ」 という名前の店が 2件できた。店の作りをみるだけで、かなりの思い入れを感じる。

実は、この 2軒の店は、店の前を通りがかってちょっと気になっただけで、まだ入っていない。もしかしたら、一生入ることはないかもしれない。私としては気にかかったのは店構えであって、ぜひ入ってみたいというわけではないからだ。

しかし、ポルシェの好きな人にとっては、ぜひ入ってみたい店ということになるかもしれない。そのあたりは、人それぞれである。

上の写真の店は、「ポルシェ」 は 「ポルシェ」 でも、つづりがかなり独特である。 "Po Lu She" である。もしかしたら、ポルシェ違いの中国語かもしれない。「ポールーシェ」 というものがあるのかもしれないが、それに相当する漢字の表記がないところを見ると、やはり、「ポルシェ」 なのだろう。

下の写真の店は、「Bar ポルシェ」 である。まごうことなき、「あのポルシェ」 である。スクラップのポルシェのボディが燦然と輝いている。ポルシェ好きが集まって、夜な夜なポルシェ談義に花が咲いているのだろう。

|

« 広東語では愛は語れない? | トップページ | ワームとスパム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広東語では愛は語れない? | トップページ | ワームとスパム »