« 総額表示スタート | トップページ | 自らをそぎ落とす 「美」 »

2004年4月 3日

真面目さと仕事の能力

2日の TBS ラジオで、「仕事の能力は今イチでも真面目なヤツ」 と、「不真面目だけど仕事ができるヤツ」 のどちらがいいいかというアンケート企画があった。

集計結果は、60数パーセントの支持を集め、「仕事は今イチでも真面目なヤツ」 の方がいいということになった。

聴取者参加企画だけに、いろいろとおもしろい意見が電話で寄せられた。ある消防署勤務の聴取者は、「真面目でさえあれば、仕事は叩き込めるが、不真面目な者に真面目さを叩き込むことは難しい。生命に関わる仕事だけに、不真面目な人間とは組みたくない」 とおっしゃっていた。なるほど、説得力がある。

かと思うと、ある飲食店経営の聴取者は、「真面目なんだけど、いくら教えてもトンチンカンばかりで、当人が真面目にやればやるほど、こちらの余計な仕事が増える」 ようなのが、実際にいるとして、「多少不真面目でも、できる人間と一緒に仕事をしたい」 と言っていた。

うぅむ。両論とも実体験から出ているだけに、切実である。

まぁ、実際にはどちらがいいかというよりは、仕事の質によって、「こつこつ真面目にやる仕事」 と、「ばくっとくくるセンスがより重要な仕事」 というのがある。短時間で要領よくまとめることが要求される仕事に、あまり真面目なヤツが関わると、周囲はイライラさせられる。

逆に、新聞記事の校正みたいな、しらみつぶしに細かい神経をつかうような仕事に、センスだけでやってきたようなヤツが配属されると、ケアレスミスばかり増えて大変だ。

平凡な結論だが、要するに 「適材適所」 ということなのだろう。

|

« 総額表示スタート | トップページ | 自らをそぎ落とす 「美」 »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総額表示スタート | トップページ | 自らをそぎ落とす 「美」 »