« 同じモノで別のコトを観る | トップページ | 受信料 「不払い 70万件」 の数字のトリック »

2005年3月15日

「レシート」と「領収書」

ホームセンターやファミレスのレジで、「当店のレシートは領収書としてお使いいただけます」 という貼り紙をよく見かける。

日本では「レシート」と「領収書」は、意味が違うようなのだ。レシートは POS から自動的に打ち出されるロール感熱紙、領収書は手書きというお約束である。

こうした例はほかにもある。「インポート物」というと高級ブランドだが、「輸入品」というと、今どきは中国製の廉価品を指す場合が多い。「旅行」は個人で「ツァー」は団体、「支持者」は政治がらみで「サポーター」はサッカー、「手紙」は郵便で「メール」は E メールだ。

レシートの話に戻ろう。「当店のレシートは‥‥」とわざわざ断ってある場合が多いが、別にどの店のレシートだって同じだ。経費の請求でも税務署の監査でも、何の問題もない。

わざわざ POS から打ち出されたレシートを「サービスカウンター」か何かに持参して、手書きの領収書を書いてもらうなんてことがあるが、実は、あれは無駄な話である。今どき、一番コスト圧迫要因となるのは人件費だからだ。

何故にそんな無駄なことをするのかといえば、会社の経理担当者がうるさいことを言うからである。何故にうるさいことを言うかといえば、それはプライベートで飲み食いしたレシートを、会社の経費として請求したりする輩がいるからである。だから、わざとハードルをちょっとだけ高くしておくのだ。

ほんのちょっとしたズルをしたがるやつが少しだけいるために、社会全体として無駄なコストをかけているのである。かなり馬鹿馬鹿しいことだ。だから店によっては、わざわざ「当店のレシートは・・・」と、言わずもがなの貼り紙をしているわけだ。

ところで、この謳い文句、おかしいといえばおかしい。日本語の「領収書」は、とりもなおさず英語で "receipt" だからである。それで、こんな おかしな英語が現れたりする。

"The receipt of our shop can be used as a receipt."

(私どもの店の レシート=領収書 は、 レシート=領収書 として使うことができます)

「でも、レジ袋はもはやレジ袋としては使えなかったりして・・・」 と、件のページでも茶々を入れられている。これを英語に翻訳した人、自分でおかしいと思わなかったのだろうか? 

うーむ、やはり思わなかったんだろうなぁ。多分それどころではなかったのだろう。その下の英文のめちゃくちゃさ加減を見れば、相当苦し紛れの「翻訳」の結果というのが察せられる。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 同じモノで別のコトを観る | トップページ | 受信料 「不払い 70万件」 の数字のトリック »

言葉」カテゴリの記事

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レシート」と「領収書」:

« 同じモノで別のコトを観る | トップページ | 受信料 「不払い 70万件」 の数字のトリック »