« デジカメをアナログ感覚で使う人たち | トップページ | 「モテオヤジ系」 雑誌をめぐる冒険 »

2005年3月10日

「ひと段落」 をめぐる冒険

登山道を歩いていると、迷いやすいポイントというのがある。道が二つに分かれていて、どっちに行ったらいいかわからない。

そして困ったことに、間違った道の方が道幅の広いことが多い。行き止まりなので、引き返す人が多いからだ。結果、2倍踏まれるので、その分、道が広くなる。

多くの登山者は、「多分、広い道を辿れば間違いなかろう」と判断して、間違った道に入り込み、行き止まりになるので、あわてて引き返す。こうして、間違った道を辿る延べ人数は増え続け、踏まれた分、道幅はますます広くなる。そして、ますます人を引きずり込みやすくなる。

なんでこんなことを書いたのかというと、最近、ウェブ上で「ひと段落」という表記をよく見かけるからだ。ウェブだけではない。ラジオなどでも、「ひと段落ついた」などというのを聞くことが増えた。先日は、知人にも「仕事の方は『ひと段落』つきましたか?」 なんて話しかけられた。

私は、「一段落」の読みは「いちだんらく」だと思っていたので、この「ひと段落」が気にかかってしょうがない。念のため調べてみると、やはり、正しい読みは、「いちだんらく」に間違いない(参照)。私の嫌いな『新明解国語辞典』でさえも、「いちだんらく」では引けるが、「ひとだんらく」という項目はない。

そのため日本語入力の MS-IME 2002 では、「ひとだんらく」と入力すると「一段落」とは変換されず、「ひと段落」になってしまう。なるほど、あちこちのサイトで「ひと段落」の表記が氾濫するわけが、これでようやくわかった (参照)。

手書きの時代は、「ひとだんらく」と間違えて読んでいた人も、書くときは迷うことなく「一段落」と表記していたはずだ。ところが、キーボードで入力する時代になって、そうした人の書くテキストは、ほとんどが 「ひと段落」 になってしまったのである。

漢字で 「一段落」 と表記されている場合は、正しい読みを明確に知らない限りは、どう読んでいいか戸惑ってしまうだろう。ところが、あちこちで 「ひと段落」 という表記が氾濫しているために、世間一般でも 「いちだんらく」 より 「ひとだんらく」 の方が大手を振って歩き始めてしまった。

ようやく、冒頭の登山道の比喩の意味合いを理解してもらえたと思う。間違いでも、目立ってしまうと、皆、そっちの方に行ってしまうのだ。多分、「一区切り」を「ひとくぎり」、「一休み」を「ひとやすみ」と読むことなどから、引きずられてしまったのだろう。

おかげで、日本語変換でも ATOK 16 では、「ひとだんらく」で「一段落」と変換されるようになってしまっている。「ら抜き言葉」などはしつこく指摘してくれる ATOK だが、「ひとだんらく」の読みには迎合してしまったようなのだ。

まあ、目くじら立ててどうこういうほどの誤読ではないので、「ひと段落」が公認扱いになる日も近そうだ。

しかし、圧倒的多数派の MS-IME が、「ひとだんらく」で「一段落」と変換するようになると、結果的に「ひと段落」という表記が減少し、読みの方は逆コースを辿って、「ひとだんらく」の力が弱まってしまうかもしれない。

tak-shonai の本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« デジカメをアナログ感覚で使う人たち | トップページ | 「モテオヤジ系」 雑誌をめぐる冒険 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

「ひと段落」は田舎の古い言葉だと思ってました。
愛媛では平板ではなく「と」にアクセントがあって、私が幼い頃はおじいちゃん、おばあちゃんたちが使っていたので。広島では、「だ」にアクセントがあったかな。

投稿: kant | 2005年3月10日 21:39

ほほう、方言では昔から「ひとだんらく」があるんですね。

思ったより奥が深いんだなぁ。

投稿: tak | 2005年3月12日 15:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひと段落」 をめぐる冒険:

« デジカメをアナログ感覚で使う人たち | トップページ | 「モテオヤジ系」 雑誌をめぐる冒険 »