« 政治の袋小路 | トップページ | おへそとパンツ »

2005/07/08

「おばんざい」 を巡る冒険

「おばんざい」という言葉がある。何だか知らないうちは、「何でまた 『万歳』 に "お" を付けるんだ?」 なんて思っていたが、どうやら、メシ関係の京都弁らしいと知ったのが、30歳を過ぎてからのこと。

35歳を過ぎた頃に、「おばんざい」 を売り物にした店で実食デビュー。結構おいしかった。

その時の印象から、「おばんざい」とは、会席料理のような肩肘張ったものではなく、要するに京都の家庭料理なのだなと思ったのだった。私はそうした料理が好きなので、歓迎である。

というわけで、私は「おばんざい」とは、日常の晩ご飯のお総菜ということで、「お晩菜」なんだろうなあと、勝手に思いこんでいた。

ところが、このほど本宅リンクページの 「今月のお薦めサイト」 で、萌野さんのブログ「むしやしない」にリンクさせてもらったのを機に、「おばんざい」の意味をちゃんと知ろうとしてみたところ、一筋縄ではいかないということに気付いたのである。

そもそも、この「むしやしない」という京言葉からして、なかなか奥が深い。小腹が空いたときにちょっと食べるものという意味のようで、漢字で書けば「虫養い」なのだろう。京都人というのは、「腹の虫」と、長年の共存共栄関係を築いているもののようだ。

いやいや、今回は「おばんざい」の話なのであった。「虫」の話はまた今度にしよう。

「おばんざい」の漢字表記は「お晩菜」のほかに、少なくとも 2つの説があるということを発見してしまったのである。

まず、「お番菜」である。これは、善右衛門さんという方が、ご自身のブログで紹介されている。(以下引用)

おばんざいというのは「お番菜」と書きます。この番というのは「番茶」などに使う字で、「通常の」とか「上等じゃ無い」という意味があり、常日頃に食べるおかずの事で、本来はお客様には絶対食べさせられない「おはずかしい」おかずだったのです。
  (中略)
京の織物業界を代表とする商人の家では奥様も働き手ですから、少しの時間を見てそのとき安い物(旬のもの)で作り置きできるおかずを用意する必要がありました。そこから生まれた料理法や工夫が今に伝えられているのです。

ということだ。なるほど、雰囲気はものすごくよく伝わる。まさにそうしたものなんだろうなあ。

しかし、「番茶」の「番」は、Goo 辞書によれば "古くは「晩茶(遅くつんだ茶)」の意で品質が劣るとされた" とされており、「上等じゃない」というのが本来の意味というわけではない。だから、まったく外れているわけではないが、ちょっとだけ苦しい気がしないでもない。

「晩茶」説に従えば、本来は「お晩菜」ということになってしまうが、「晩ご飯のお総菜」という意味からはちょっとずれてしまう。

もう一つの説は、「お万菜」である。ORBIS PICTUS というサイトの「京都駆け足紀行」というページに、以下の記述がある。

おばんざいとは「お万菜」と書きまして、要は煮物などの和風のお惣菜をいいます。ただ、京都らしく薄味で仕上げてあり、関東風の煮物よりは上品な感じ。

ふぅむ、「よろずの菜」というわけか。必然性の観点から言うと、別に「万」でなくてもいいような気もするが、もしかして、「お総菜」の「総」 の代わりに「万」なのかもしれない。似たような意味だし。

ちなみに、Google の検索結果は、 「お晩菜」617件、「お番菜」590件、「お万菜」367件だった。

しかし、圧倒的に強いのは何といっても「おばんざい」で、84,200件である。やはり、漢字で決めつけたりせず、「おばんざい」は「おばんざい」なのかもしれない。ところが試しに、にごらない「おばんさい」でも調べたところ、4,200件もヒットした。

うぅむ、またわからなくなってしまった。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 政治の袋小路 | トップページ | おへそとパンツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おばんざい」 を巡る冒険:

« 政治の袋小路 | トップページ | おへそとパンツ »