« 手の甲の汗 | トップページ | 未成年飲酒 »

2005年7月18日

プロレスの時代的使命は終わった

長らく「プロレス・ファン」を自称し、一時は「知らないプロレス技はない」とか 「ブレーンバスターの受け身は任せろ」などと豪語していた私だが、最近はあまりプロレスに執着がなくなってしまったのが、我ながら悲しい。

プロレスへの思い入れは、「K-1」や「プライド」へのそれにとって変わってしまった。

プロレスがショーであることは、やってみればすぐにわかる。プロレスの見栄えのいい大技は、受け身を取る相手の協力がなければ成立しないものである。だから、受け身の上手なやつとでなければ、プロレスごっこだってこわくてできない。

だからプロレスというのは勝負論ではなく、パフォーマンス論である。いかに上手に技を受け合って、最後のカタルシスにもっていくかが問題なのだ。それだけにプロレスは難しい。そして、闘う者同士に信頼関係がなければならない。

この信頼関係というのは、悲しいことに、経済的な基盤によって保証されるというところが大きい。プロレスがテレビのゴールデンタイムに君臨したのは、日本の景気が上り調子の時代だった。

力道山とデストロイヤー、馬場とファンク兄弟、猪木とタイガー・ジェット・シンらは、 ビジネスとしての深い信頼関係に結ばれていたのである。

バブル崩壊以後の社会では、プロレス的名勝負を生み出す人間的信頼関係が、脆弱なものになってしまった。いかに身を削り、体を張った受けを取っても、それが十分に報われないとなると、名勝負も生まれにくい。レスラー同士の疑心暗鬼も膨らんでしまう。

一方が「あいつの技なんか、まともに受けてやるもんか」と思ってしまえば、それだけでプロレスはつまらないものになる。経済成長期は拡大再生産であったプロレスが、今は縮小再生産になってしまったのも、ある意味では当然である。

こうした縮小再生産の時代の要請に、「相手に技を出させない、技を受けない」ことによって成り立つ、いわゆる「リアル格闘技」は、即してしまっているのである。

プロレス団体は、軒並み赤字経営を迫られている。それも道理である。プロレスの時代的使命は、古き良き時代とともに、終わってしまったのだ。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 手の甲の汗 | トップページ | 未成年飲酒 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロレスの時代的使命は終わった:

« 手の甲の汗 | トップページ | 未成年飲酒 »