« 「ケータイ短歌」 を初めて聞いた | トップページ | 「つくばエクスプレス」 乗車レポート »

2005年8月30日

選挙の「公示」と「告示」

知の関節技」に置いてある "「公示」と「告示」と「総選挙」" というコラムが、時節柄、やたらとアクセスを稼いでいる。

29日は 200件ものヒットがあり、そのうちの半分でも「知のヴァーリトゥード」トップページに飛んで来てくれれば嬉しいのだが、実際は 1割程度しか来てくれない。薄情なものだ。

(30日 午後 10時 追記)
30日は、午後 10時の時点で既に 320件のアクセスがあった。トピックスとはいえ、すごいなあ。

このコラムは、選挙の施行のスタートに、「公示」と「告示」の 2通りの言い方があるが、どう違うのかという疑問から発したものである。

調べてみると、通常の国政選挙(衆議院、参議院)は、「公示」で、そのほかの地方選挙は「告示」なのだという。しかし、国政選挙でも補欠選挙は「告示」なんだそうだ。

この言い方の違いの根拠は、憲法第 7条 第 4項にあるという。ここに「天皇の国事行為」として「国会議員の総選挙の施行を公示すること」と定められているのだ。つまり、「総選挙の施行の公示」は、「天皇の国事行為」なのである。

これが根拠となって、「総選挙」以外の選挙は、国会議員の補欠選挙も含め、「公示」ではなく、選挙管理委員会による「告示」でスタートすることになるというのである。

しかし、この「根拠」とされている理屈、実は大した根拠ではないということに気付かない人は、「流されやすい」人である。

今回は衆議院選挙なのでいいのだが、問題は、参議院選挙でも、「告示」ではなく、「公示」されることだ。

何度も言うが、憲法で「天皇の国事行為」として規定されているのは、「総選挙の施行を公示すること」である。しかし参議院選挙は、「総選挙」でもないのに「公示」されている。おかしいではないか。

どうも、「総選挙」の定義は、憲法と公職選挙法で違うようなのだ。憲法で規定された「総選挙」は、通常の国政選挙なのだが、公職選挙法でいう「総選挙」は、(一院単位で)すべての議員を選び直す選挙、つまり、衆議院選挙のみを指すようだ。

参議院選挙は、3年ごとに議員の半分ずつ選挙するので、「総選挙」ではないという理屈である。そのくせ、スタート時点だけは、憲法の規定によりかかって、「総選挙」扱いにして「公示」ということにしている。

なんでまた、こんなナンセンスなことで憲法違反を長年続けているのだろう。さっぱりわけわからん。

選挙というのは、わけのわからんことだらけである。そりゃあ、大切な権利だから、投票はする。しかし、特定の候補者に肩入れしたりとかはない。何となく馬鹿馬鹿しさが先に立って、あまり深入りする気になれないのである。

でも、周囲には選挙が生き甲斐みたいな人が結構いて、投票日が近づくほどに、アドレナリン出まくりで、目は輝き、肌まで艶々として、生き生きと楽しそうなのである。年中選挙だったら、きっと百まで生きるだろう。

毒を食らわば皿まで・・・本宅サイト 「知のヴァーリトゥード」 へもどうぞ

|

« 「ケータイ短歌」 を初めて聞いた | トップページ | 「つくばエクスプレス」 乗車レポート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙の「公示」と「告示」:

« 「ケータイ短歌」 を初めて聞いた | トップページ | 「つくばエクスプレス」 乗車レポート »